NEWS
2018年10月31日 14時37分 JST | 更新 2018年10月31日 14時38分 JST

「エサンベ鼻北小島」消失か? 海上保安庁が実地調査へ

2014年に名前が付けられた158の無人島の1つでした。

国土地理院
エサンベ鼻北小島の位置(国土地理院の地図より)

北海道最北端の宗谷岬に近くにある無人島「エサンベ鼻北小島(はなきたこじま)」が消失した可能性があるとして、海上保安庁が実地調査することになった。

第一管区海上保安本部の担当者は10月31日、ハフポスト日本版の取材に対して「当初は本日調査する予定だったが、潮が高いため、取りやめた。気候が安定し、潮が低くなった段階で調査する予定だ」と話した。

エサンベ鼻北小島は、猿払(さるふつ)村から500メートルほどの沖にあるとして、国土地理院の地図や、海図に記載されている。領海を明確にする目的などで、2014年に国が22都道府県の158の無人島に名前をつけたうちの一つだ。

 

■離島本の著者が見つけることができなかった。

朝日新聞デジタルによると、日本の離島を調べた「秘島図鑑」の著者、清水浩史さんが次巻の取材のためにエサンベ鼻北小島を見に行ったが、見つけることができなかった。第一管区海上保安本部によると、島が測量されたのは1987年。平均海面から約1.4メートルの高さの島があるとされた。面積や周囲の長さは非公表だという。

同本部では「オホーツク海は冬季に流氷が押し寄せるので島がなくなったとすれば、その影響が考えられる」と話した。もし、存在が確認できなければ地図や海図などを書き換えることというが、日本の領海がどれくらい減るのかについては「可能性の話には答えられない」という。