NEWS
2018年11月19日 17時41分 JST | 更新 2018年11月20日 01時48分 JST

日産のカルロス・ゴーン会長らを逮捕 東京地検特捜部。自身の報酬を少なく申告した疑い(UPDATE)

捜査の端緒は日産の内部告発?

時事通信社
カルロス・ゴーン氏

日産自動車(本社・横浜市)のカルロス・ゴーン会長(64)が自身の報酬を過少申告したとして、東京地検特捜部は11月19日夜、ゴーン容疑者を金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕した。NHKなどが報じた。

朝日新聞デジタルによると、ほかに逮捕されたのは同社代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者(62)。

2人は共謀し、2011年3月期から2015年3月期までにゴーン氏が受け取った計5年分の報酬について、実際は計99億9800万円だったのを計約49億8700万円と有価証券報告書に記載し、関東財務局長に提出した疑いが持たれている。

特捜部はこの日夕、ゴーン氏らを任意同行して事情聴取。容疑が固まったため逮捕に踏み切った。

捜査の端緒は内部告発か

辣腕経営者の突然の逮捕劇は、日産そのものからの内部告発が端緒だったとみられる。

日産自動車はこの日、コメントを発表。ゴーン氏と代表取締役グレッグ・ケリー氏による不正行為について内部調査を進めてきたことを明かし、「報酬額を少なくするため、長年に渡り、実際の報酬額よりも減額した金額を有価証券報告書に記載していた」と指摘した。

その上で、「当社は、これまで検察当局に情報を提供するとともに、当局の捜査に全面的に協力してまいりました」と認めた。

日産はまた、「資金を私的に支出するなどの複数の重大な不正行為」があるとしており、特捜部はゴーン、ケリー両氏に対する疑惑について全容解明を進める方針だ。

【UPDATE】20:13 カルロス・ゴーン氏が逮捕されたことを追記しました。