karurosu-gon

新型コロナ影響で、悲惨な状況だと言える日産の経営状況。内田CEOのインタビューとゴーン氏が話していることを比較して見えてきたこと。
この「不起訴相当」は、ゴーン氏が逃亡の理由とした「検察による逮捕の不当性」「日本の刑事司法の不正義」を判断する上でも重要性を持つ。
これまでも森法相は、日本の司法制度を批判する社説を掲載した米紙に反論を寄稿している。
カルロス・ゴーン被告のネガティブキャンペーンは一定の効果を上げている。PR戦略のプロフェッショナル・本田哲也さんに、日本が今後とるべき対応について聞いた。
「このゲームはフィクションです。実在の人物・団体・国家・施設とは無関係です」という注意書きがあるが……。
日産時代を彷彿とさせるような自信に満ちた様子で、大きな身振り手振りとともに表情豊かに持論を展開。記者に向かって30秒以上手を合わせる場面もあった。
日本メディアで出席が許されたのは、朝日新聞社、テレビ東京、小学館の週刊ポストなど合同取材班など数社だった。
「なぜ日本メディア少ないのか」との質問には、「日本メディアを除外しているわけではない。たくさんのメディアがいる。客観性を持った記者に来て欲しいと考えていた」と応じた。
震災が起きた当時、会議で訪問中だったフランスから真っ先に日本に帰国したなどと語りました。
カルロス・ゴーン被告は、「私はレバノンという国を尊重しています。レバノンが困惑することを申し上げるつもりはない」として“日本政府関係者”の詳細の説明を避けた。