NEWS
2018年12月20日 13時02分 JST | 更新 2018年12月20日 13時02分 JST

ソフトバンク、通信障害で「解約増えた」。再発防止策は?

累計で1万〜2万件程度の解約があったという。

ENGADGET日本版

ソフトバンクは12月19日、東証一部への上場記者会見を開催。登壇した宮内謙社長は、今月6日に発生した通信障害の影響について明かしました。

宮内社長によると、障害発生から5日間は「解約数が従来より多いと感じた」とコメント。また、累計で1万〜2万件程度の解約があったといい、1週間が経った土日にようやく回復したとのこと。

また、今月も純増は維持しているとしつつ、MNPの流入数に影響が出ているとして「MNPをどう回復するかがポイント」とも述べました。

なおソフトバンクは本日(12月19日)、通信障害の再発防止策を発表。「(コア設備で)エリクソンに依存しすぎていた」として、MME(LTE交換器)などのマルチベンダー化を進める方針です。

(2018年12月19日Engadget日本版「通信障害で「解約増えた」──ソフトバンク上場会見」より転載)

関連記事

「多大なご迷惑をおかけした」ソフトバンク上場会見、通信障害を謝罪

Twitter、iPhoneアプリにキラキラ✨ ボタン追加。タイムライン新着順を切り替え

ニンテンドースイッチ、米で870万台販売「現世代ハードとして最速」記録樹立

将来のiPhoneはFace ID+Touch IDの可能性?アップルの特許出願から手がかりが見つかる

太陽系で最も遠いピンク色の星「Farout」みつかる。約180億kmの彼方、「惑星X」発見にもつながるか