profile image

小松秀樹

医師

1974年 東京大学医学部医学科卒業 山梨医科大学泌尿器科学教室助教授、虎の門病院泌尿器科部長などを経て、現在に至る。 著書に「慈恵医大青戸病院事件 医療の構造と実践的倫理」(日本経済評論社)、「医療崩壊 立ち去り型サボタージュとは何か」(朝日新聞社)、「医療の限界」(新潮社)などがある。
日本医師会と世界医師会

日本医師会と世界医師会

世界医師会は、医師の独立性を確保して、崇高な倫理的基準に則った行動と医療を、いかなる場合にも実行できるようにするために創設された。
2016年12月14日 16時46分 JST
新専門医制度は搾取する

新専門医制度は搾取する

長期間の隷属を強いる教育システムでは、悪辣な教育者、病院経営者は若い医師を潰してしまう。
2016年09月24日 07時49分 JST
公務員個人への賠償請求

公務員個人への賠償請求

ほとんどの医系技官は、歴史、社会思想について知識らしい知識を持っていない。これは、民主主義、憲法についての知識の欠如を含む。
2016年07月06日 07時58分 JST
県ごとの診療報酬

県ごとの診療報酬

なぜ「県ごとの診療報酬」という大胆な案が提案されたのか。
2016年06月03日 21時48分 JST
「人口の変化と社会保障」を語る

「人口の変化と社会保障」を語る

日本では、合計特殊出生率が低い状態が長期間継続している。今後、一貫して出生数が減少し続ける。このため、20歳から64歳の現役世代が減少し続ける。
2015年11月10日 23時33分 JST