コラム・オピニオン

私たちは「希少・難治性疾患の日」である2月29日が、キムの最後にふさわしい日だと考えた
私たち家族は10年前、クリスマスをやめて「カモメの日」を祝うことにした
誰を支えたいのか、どう支えたいのかによって、どこに寄付するかは変わる。その判断軸をお伝えします。
子どもを持つ・持たないの選択肢に対する偏見や批判…。私たちは他人に、そして自分に対して、厳しすぎやしないだろうか
「独身なのに」ではなく、「独身だから」こそ豊かな人生を送っている
誰もが幸せそうに見えるInstagramの世界と、歪んで見える自分の存在のバランスをとることは難しい。だから私はInstagramから離れることにした。
大型ビジョンを兼ね備えたパークエリアや最新技術を駆使したデジタル体験エリアに加え、ショップやカフェなども併設。普段サッカーにあまり触れていない人でも楽しめる場所になっている。
18歳で養護施設を出てモデルをしていた私に差し出された「脱出チケット」は、権力濫用に使われた
激しい暴力が当たり前だったという家庭で、両親の間の暴力は次第に子どもたちに向けられるようになった