これからの経済
2021年10月19日 12時27分 JST | 更新 2021年10月19日 14時47分 JST

「電車売ります!」東急電鉄が池上駅のホワイトボードに衝撃の告知。その理由は?

東急田園都市線で活躍した8500系の車両4両を一般販売。「これを買ったら、座って電車通勤ができる?」「意外とお手頃価格ですね」と話題に。

あやめさん提供
10月17日、東急池上線・池上駅で撮影された「電車売ります!」の告知

東急池上線の池上駅のホワイトボードに書かれた手書きの文章が10月中旬から、SNSで注目の的になっている。東急線Newsとして、「電車売ります!」とデカデカと告知。東急田園都市線などで活躍した8500系電車が順次引退するのに伴い「電車1両まるまる販売します!」と書かれている。

SNS上では「電車売りますはパワーワードすぎるやろ」「これを買ったら、座って電車通勤ができる?」「意外とお手頃価格ですね」などと話題になっている。

 

■東急電鉄に確認したところ……

時事通信社
一般販売される車両と同型の8500系(左)と新型の2020系(撮影:2017年)

東急電鉄によると、1975年に導入された8500系は、約46年間にわたって東急田園都市線を中心に活躍してきた。しかし2018年に新型の2020系が導入されたことで、残るのは4編成のみ。このうち、廃車予定の8630編成と8622編成のうち、運転席のある計4両を販売することになった。

車両1両あたりの値段は税込176万円。車両の先頭部分だけを残してカットすることも可能で、その場合は加工にコストがかかるため税込2420万円となる。車両が売れ残った場合には、運転台のみを車体から取り外して税込85万円で販売する。

ただし、誰でも購入できるわけではない。公式サイトでは「購入にあたり様々な制約があることから、弊社内で審査の上、車両を適切に保存していただくことが可能と判断できる方への販売とさせていただきます」と注意書きがあった。メールでの申し込みとなり、締切は11月20日まで。詳しい申し込み方法は公式サイトに記載されている。

東急電鉄の広報担当者によると、廃車となる車両を一般販売するのはこれが初めて。「鉄道友の会の『ローレル賞』を受賞したこともある8500系に愛着や親しみを持つ方々に向けて、現役引退後もその情景を思い出すことに繋がればと企画しました」とコメントした。

また、池上駅のホワイトボード上での告知は10月16日から始まったという。「東急線News」として、駅員がこれまでも利用者向けに様々な案内を出しており、今回は「当社としては初めての試みということで、池上線の車両ではないけど告知させていただきました」と話している。

 

■「どういうこと?ネタなの?」と最初はビックリ。写真提供した利用者は話す

ハフポスト日本版に写真を提供したTwitterユーザーの「あやめ」さんは、この告知を見たときの衝撃について、以下のようにコメントしている。

「見出しをみて、まずびっくりしました。は?!電車??と、頭の中が疑問符だらけになりました。お店のポップみたいに、シレっと、あまりにも軽く書いてあったので、どういうこと?ネタなの??と...。その後、よくよく文面を読んでみたら、子供の頃よく見たり乗ったりしていた車輌の引退に伴ってのことだったことが分かりましたので、懐かしさと寂しさが込み上げてきました。今は違いますが、以前は神奈川県に住んでいて、田園都市線沿いに住んでい祖父母のところに行くのに使っていました」