RETHINK
2020年06月26日 15時51分 JST | 更新 2020年07月03日 11時17分 JST

韓国の格安航空会社、客室乗務員の「ジェンダーレス」ユニフォームを発表

「Aero K」は清州国際空港を拠点とする航空会社。メガネの着用も認めるなど、外見に関して他の韓国国内の航空会社よりも制限が少ない。

6月23日、韓国の格安航空会社「Aero K」は、VOGUE Koreaのインスタグラムで、客室乗務員のユニフォームを公開した。男性と女性のデザインは同一で、基本カラーは紺と白。投稿された動画には、着心地の良さそうなロングTシャツやジャケットが登場し、下衣は全てパンツで、足元は運動靴だ。 

 

ハンギョレによると、女性はスカートとヒールをユニフォームとして着用することが規程とされている航空会社もある中で、「ジェンダーレス」を導入したことは他社との差別化がされた革新的な試みという。

このユニフォームを導入したキム・サンボAero Kマーティング本部長は25日、ハンギョレの電話取材に対して「女性乗務員の美しさを過度に強調する。そんなイメージを広報に活用する典型的な方式から抜け出し、性別区分がない衣装を採択することになった」と話した。 

ハンギョレによると、「Aero K」はメガネの着用も認めるなど、外見に関して他の韓国国内の航空会社よりも制限が少ない。また「Aero K」は、化粧に対する規程についても、ジェンダーレスを掲げる化粧品ブランドと協業し、男女の全てに対するガイドラインを作っている途中であるという。

ユニフォーム選定は乗務員の意見を取り入れ行われたという。既存のユニフォームの場合、スカートや靴が不便なだけでなく、緊急時に迅速に対応するのが難しいという意見が多くあったそうだ。取材に対してキム本部長は、「機内安全を担当することが客室乗務員の本来の任務で、活動性に焦点を合わせた」と述べた。

SNSでは、「良い変化」「入社したい!」「カッコイイ」などの肯定的なコメントが広がっている。

なんとなく受け入れてきた日常の中のできごと。本当はモヤモヤ、イライラしている…ということはありませんか?「お盆にパートナーの実家に帰る?帰らない?」「満員電車に乗ってまで出社する必要って?」「東京に住み続ける意味あるのかな?」今日の小さな気づきから、新しい明日が生まれるはず。日頃思っていたことを「#Rethinkしよう」で声に出してみませんか。