seifuku

彼らが訴えているのは、ジェンダー平等と性的マイノリティの権利についてだ。
「Aero K」は清州国際空港を拠点とする航空会社。メガネの着用も認めるなど、外見に関して他の韓国国内の航空会社よりも制限が少ない。
女性の客室乗務員の制服として初めて「パンツスタイル」を採用したJAL。“多様性”を尊重することを意識したという。
アウトドアグッズ風の大きなリュックなど、一般ファッションの流行との呼応も。学生服メーカー「トンボ」の展示会を取材した。
「色んな人にとって学校生活が少しでも楽しくなる」デザインを。女子高校生たちも「らしさ」から自由に。
「現代版コルセット」と呼ばれることも。なぜこんなにタイトになったの?
#MeTooの流れを受け、72年間の制服規則に幕。香港のキャセイパシフィック航空
「衣料品価格は下がっているのに、なぜ学生服だけ値上がりしているのか。校長がマネジメントに目覚めれば、1~2割は即下がる」