犬が泥棒にメロメロ。容疑者からお腹を撫でられ、盗難に気をつけるよう注意される

犬も泥棒もフレンドリーすぎる…
The San Diego Police Department

アメリカ・カリフォルニア州で、飼い犬が高価な自転車を盗もうとした泥棒に気づいたものの、人懐っこすぎて盗難を防ぐことができなかった。

サンディエゴ警察が公開した監視カメラの映像には、開けっぱなしのガレージから、2019年製の黒いエレクトラの3段変速自転車を持ち去ろうとする人物の姿が映っている。

この人物は、ガレージを出ようとしたものの、中から飛び出してきた犬を見て引き返し、撫でながら「いい子だね。こんなにいい犬には他に会ったことがないよ」と嬉しそうに語りかけた。

そして、床に仰向けになった犬のお腹をさすりながら「お父さんはどこだい?ガレージを開けっ放しにしてはいけないよ。お父さん、あなたはどこにいるんだい」と、飼い主にもっと警戒するよう呼びかけている。

さらに、「僕も君が好きだよ。君はとても可愛いいねえ」と愛情を込めた声で犬に話しかけた後、自転車とともに立ち去った。

泥棒に甘えていた犬は、尻尾を振りながら見送っている。

サンディエゴ警察は「なかなか珍しい出来事ですが、容疑者は逃げようとした際に、ガレージに入ってきた家の犬を撫でるために一度止まりました」とFacebookで伝えている。

盗難が発生したのは 7月15日午後10時40分ごろで、自転車は約1300ドル(約18万円)の価値がある高級品だったという。

犯人は見つかっておらず、警察は自転車の特徴や、犯人の服装などを公表して、情報提供を求めている。

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。

注目記事