NEWS
2019年03月09日 17時18分 JST | 更新 2019年03月09日 17時19分 JST

「王子様」というキラキラネームに苦しんだ高3、改名に成功。新しい名前は「肇」

「過去の思いを断ち切って新しい人生を始める」という思いを込めたという

「王子様(おうじさま)」と名付けられた山梨県の高校3年の男性(18)が、自らの名前は「恥ずかしい」として甲府家庭裁判所に改名を申し立てたところ、認められた。

新しい名前は「肇(はじめ)」。男性は「新しい人生を始める」と喜んでいる。

男性は赤池肇さん。元々の名前である「王子様」は、母親が誰にも相談せずに役所に届け出たという。

母親は「自分にとっての唯一無二の存在。私にとっての王子様」という思いを込めて名付けたというが、赤池さんはこの名前によって恥ずかしい思いをしてきた。

例えば、初対面の人に名乗って笑われたり、カラオケ店などで会員証を作る際、店員から「本名ですか」などと疑われたり。

ショッピングモールでは、見ず知らずの人から「あっ、王子様だ」と言われたこともあった。変わった名前で地元ではちょっとした有名人になっており、「僕の顔写真も出回っていました」という。

中学3年生のころ、大好きな漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」で、登場人物が改名するエピソードを読んだ。これがきっかけとなり、自分でも改名の手続きを調べた。

大学に入る前に変えたいと思い、ついにその時はやってきた。

2019年2月。名前の変更を甲府家裁に申し立てた。申請に伴う書類では、「みじめな思いをした経験があるので、これからの長い人生でこのようなことが起こらないように」と改名の理由などを記載した。

申し立ては3月5日に認められた。3月7日に役場に行き、「肇」という新しい名前を登録した。「過去の思いを断ち切って新しい人生を始める」という思いを込めたという。

「肇」という名前は、尊敬する僧侶や友人から提案されたほか、貧困問題について考察した経済学者の河上肇を尊敬していることから決めた。

両親も名前を変えることに賛成したが、母親は当初、残念がったという。

「こっちからしたら、『ふざけるなっ』って感じですよ。子どもが大きくなったときのことを考えて名付けたのかって」。赤池さんはそう本音を明かした。

赤池さんは改名したことをTwitterで明かした。投稿は9万以上リツイートされ、「いいね」は16万を超える反響があった。

赤池さんは言う。「キラキラネームを付けられて苦しんでいる人の励みになればと思います」