ChatGPT、日本でもスマートフォン用アプリの提供開始。OpenAI社がTwitterで明らかに

Chat GPTのアプリの提供が日本でも始まりました。OpenAI社がTwitterで明らかにしました。
スマホ用アプリの提供が始まった
スマホ用アプリの提供が始まった
OpenAIのホームページから

対話型AI「ChatGPT」のスマートフォン用アプリの提供が日本でも始まった。

ChatGPTを提供するアメリカのOpenAI社が5月26日、Twitterで明らかにした。

アプリを拡大

日本でダウンロードできるようになったのは、アップルの「iOS」向けのアプリ

OpenAIは5月26日(日本時間)のツイートで、こう説明している。

「本日、ChatGPTのiOSアプリを30カ国以上へ拡大しました!現在、アルジェリア、アルゼンチン、アゼルバイジャン、ボリビア、ブラジル、カナダ、チリ、コスタリカ、エクアドル、エストニア、ガーナ、インド、イラク、イスラエル、日本、ヨルダン、カザフスタン、クウェート、レバノン、リトアニアなどのユーザーに提供しています」

 アプリをめぐっては、OpenAIが5月19日、「iOS 用ChatGPT アプリのご紹介です。私たちは米国に拠点を置いており、今後数週間のうちに他の国にも拡大する予定です。次はアンドロイドだ!」とツイート。 

その後、5月25日には「iOS用ChatGPTアプリは、アルバニア、クロアチア、フランス、ドイツ、アイルランド、ジャマイカ、韓国、ニュージーランド、ニカラグア、ナイジェリア、イギリスの11カ国のユーザーに提供されています。近日中にさらに増える予定です!」と発信していた。

OpenAIのChatGPTは、質問をもとに文章をつくることができる。

いわゆる「生成AI」で、産総研マガジンによると、生成AIとは「コンテンツやモノについてデータから学習し、それを使用して創造的かつ現実的な、まったく新しいアウトプットを生み出す機械学習手法」のこと。

このタイプのAIは、文章・画像などを学習を元に生成することができる。

注目記事