3万個のクリスタルで体を覆ったドージャ・キャット。全身赤ファッションがすごい

一つ一つ手作業でつけたクリスタル。燃えるような真っ赤なファッションはその名も「ドージャ・インフェルノ」

3万個の赤いクリスタルに覆われたドージャ・キャットの姿に、視線が釘付けになる。

1月23日に開催されたパリオートクチュールファッションウィークのスキャパレリのショーで、ラッパーのドージャ・キャットが注目を集めた。

ドージャ・キャットは3万個のスワロフスキークリスタルを頭や腕につけた装いで登場。クリスタルはすべて手作業でつけたという。

さらに、赤のシルクのビスチェとウッドビーズの手編みのスカート、ブーツやイヤリングまで、全身を燃えるような赤で統一した。

スキャパレリのショーに出席したドージャ・キャット(2023年1月23日)
スキャパレリのショーに出席したドージャ・キャット(2023年1月23日)
Jacopo Raule via Getty Images
(2023年1月23日)
(2023年1月23日)
Jacopo Raule via Getty Images

この真っ赤なボディメイク「ドージャのインフェルノ」を手掛けたのは、メイクアップアーティストのパット・マクグラスだ。

マクグラスはクリスタルを装着するのに4時間58分かかったとインスタグラムで明かしている

また、クリスタルを飾っていく様子も公開しており、ドージャ・キャットの肌を赤い色で塗った後、多くの人たちの手でクリスタルが装着される過程を見ることができる。

マクグラスはこのボディメイクについて「魔法のように魅惑的な、輝く傑作」と表現している。

ホームページへ