WORLD
2020年05月07日 10時52分 JST | 更新 2020年05月07日 11時15分 JST

イーロン・マスクさんの子どもの名前「X Æ A-12」。驚きの名前の意味を、グライムスさんが明かす

グライムスさんは「性別は自分で決めさせる」と語っていました

カナダの歌手グライムスさんとの間に我が子が生まれたことを、5月4日に報告したテスラCEOのイーロン・マスクさん。

赤ちゃんが生まれたことをTwitterで伝えた後に、名前を聞かれて「X Æ A-12 Musk」だと答えた。

この名前に、インターネットはちょっとした騒ぎに。多くの人たちが、冗談だろうとも考えた。

しかし冗談ではなかったようだ。グライムスさんがTwitterで、名前の意味を説明した。

それによると「X Æ A-12」には次のような願いが込められている。

・Xは、未知の変数
・Æは Ai (愛とAI)
・A-12は、 グライムスさんとマスクさんが愛してまない航空機SR-71の先駆けとなった航空機のこと。武器も防御機能もなくて超高速、素晴らしい戦闘能力を備えているが暴力行為を行わない、とグライムスさんは説明する。

さらに、Aにはグライムスさんの大好きな曲「Archangel」という意味、そして12には2020年の干支の「庚子(かのえね)」の意味も含まれているという。

名前の意味は明らかになったが、まだ謎は残る。どう発音すればいいのだろうか?

Twitter上では、「X Æ A-12」さんの名前をめぐる様々な投稿がまだ飛び交っている。

「ちょっと待って。つまり冗談じゃなかったってこと???」

「我々は、この名前をどうやって正確に発音するのかと考えている」 

■運命とアイデンティティは、子どもが自分で決めていく 

ふたりの初めてとなるX Æ A-12さんが生まれた後、マスクさんは我が子を抱く自分の姿も投稿した。  

赤ちゃんの性別について、マスクさんは男の子だと伝えている

しかしグライムスさんは2月、生まれてくる子どもが女の子か男の子かと聞かれた際に、性別については親が決めたくないと語っている

「赤ちゃんの性別は言いたくないんです…。プライバシーを守らなければいけないと感じているから」

「それに、(本人が)将来そのジェンダーではないと感じる場合もあると思うから、ジェンダーを決めたくないんです」

グライムスさんはSNSでも「自分の運命とアイデンティティは、自分で決めると思う」と、性別は本人に決めさせるという姿勢を見せている。