フロリダの高校生、抗議活動の写真を隠そうとする学校に反発。「ゲイと言ってはいけない法案」に反対していた

LGBTQコミュニティへの連帯を示した高校生たちが、学校や教育委員会に対し声を上げています

アメリカ・フロリダ州ライマン高校の生徒たちが、ステッカーでイヤーブック(1年間の学校生活をまとめたアルバム)の一部を覆い隠そうとする学校側に反発している。

地元テレビ局WKMGによると、学校が隠そうとしているのは、通称「ゲイと言ってはいけない」法案に反対する抗議活動の写真や説明書きだ。

この法案は、フロリダ州の幼稚園や小学校で、性的指向や性自認について議論することを規制する内容で、デサンティス州知事が3月28日に署名した。

生徒たちは3月に、この法案に抗議するデモに参加。イヤーブックには、プラカードやレインボーフラッグを掲げる生徒たちの姿が写っていた。

Change.org

地元テレビ局WESHによると、イヤーブックは5月9日に配布される予定だったが、マイケル・ハンター校長が同日に遅延を通達した。

ハンター校長は生徒の家族に送ったメールで「イヤーブックはセミノール郡教育委員会が定める規則をすべてを満たさなければならない」と説明。

「残念ながら、このイベントの写真や説明は教育委員会の規則を満たさず、それはチェック段階で確認できていませんでした。再度印刷すれば多額のコストがかかり、配布が遅れます。そのため、教育委員会の規則を満たしていない素材を覆うことで、できる限り迅速に配布することにしました」と述べた。

一方、生徒たちは学校側の決定に反発。SNSや署名サイトで、検閲の中止を求めるキャンペーン「#StoptheStickers (#ステッカーを止めろ)」を立ち上げた。

また、イヤーブック編集チームの生徒複数人が、10日に開催されるセミノール郡教育委員会の会議で反対を表明する予定だ。

イヤーブックの共同編集長スカイ・ティーデマンさんは、「(検閲について)先生に伝えられたとき、とてもショックでした」とWESHに語っている。

「ハンター校長は毎朝の発表で、私たちは歴史的で、多様で、インクルーシブなんだと伝えてきました。私たちはLGBTQコミュニティについてそうだということを、イヤーブックではっきり示そうとしたのです」

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。

Popular in the Community