ハフコレ編集部

折りたためるタンブラーが便利で手放せない【レビュー】

持ち運びやすくて、便利なアイテムを発見

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。

マイボトルやタンブラーを持ちたいけど、嵩張るな...

そんな悩みを解決してくれる折りたためるタンブラーを発見!
実際に使ってみました。

シリコン製の折りたたみ式タンブラー「ストージョ(stojo)」。「ストージョ(stojo)」とは、英単語 stow(しまい込む)と、スラングのJOE(コーヒー)を組み合わせた造語だそう。

出典:stojo 公式サイト

豊富なカラーバリエーションもストージョの魅力。

定番のカーボン、コーラルなどの単色デザインに加え、ミントやローズなどのツートーンなどもあります。

ストージョ(stojo)を使ってみた!

筆者が購入したストージョは、オートカラーのグランデサイズ。

軽量&手のひらサイズ

大きさは、直径10cm×高さ5.6cmで、重さは230g
Huffpost Japan
大きさは、直径10cm×高さ5.6cmで、重さは230g

手のひらに収まるコンパクトサイズで、リュックやカバンに入れても場所をとりません。

開いてみると...

Huffpost Japan

ストージョの下部を掴んで下に引っ張ると、タンブラーの形に。

この状態で高さは、約14cmです。

ストージョのサイズは、3種類

Huffpost Japan

サイズはショートサイズ(240ml)トールサイズ(355ml)グランデサイズ(470ml)の3種類あります。

細部まで「使いやすさ」を追求

Huffpost Japan

内部には目盛りがあり、熱い飲み物でも持ちやすいようにスリーブも付いています。

はじめは「折りたたみ式」と聞いて、「本当に飲み物を入れても平気?こぼれない?」と心配していたのですが、3ヶ月以上使っていても一度も困ったことはありません。

ストージョのお手入れも簡単!

Huffpost Japan

使用後は、本体、スリーブ、フタ(二部構成)の4つに分解してサッと洗えます。

ストージョのおすすめサイズは?

スターバックスやタリーズなどのカフェでトールサイズを注文する場合は、グランデサイズがおすすめ。

ストージョにはデメリットも?

シリコン製なので、口コミには「臭いが少し気になるかも」という声も。

個人差はありますが、何度か使用するうちに臭いが薄くなったように感じます。

ストージョのボトルタイプも要チェック!

ボトルタイプは、ベンティサイズ(590ml)と大容量で、タンブラー型と同じく折りたたみが可能です。夏場やアウトドアなど、水分をたっぷりと補給したい時にも嬉しいサイズです。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。

ホームページへ
訂正の連絡はこちら