除菌グッズ人気10選。持ち運びにも便利なおすすめ商品は

携帯しやすくて、使い心地、コスパもいいものは?ジェル、スプレー、ウェットティシュ、紫外線(UV)除菌など、タイプ別におすすめを厳選。外出先でのウイルス対策も紹介します。
今や除菌グッズは生活必需品。あなたに合ったタイプはどれ?
今や除菌グッズは生活必需品。あなたに合ったタイプはどれ?

まめな手洗いや消毒が必要な「新しい生活様式」を実践するなか、除菌グッズは外出時に欠かせないアイテムとなりました。

品薄は解消されつつありますが、店舗では入荷してすぐに売り切れてしまうことも。ネットで指名買いなどして、急に「除菌グッズがない…」と焦らないようストックしましょう。

たくさんの人が使うエレベーターのボタンに触れて手を洗いたくても、すぐに洗えないこともありますよね。そんなときも、除菌グッズを持ち歩いていれば安心。

そこで今回は、持ち運びにも便利な除菌グッズと、出先で気をつけたいウイルス対策のポイントを紹介します。

ウェットティッシュタイプも人気。
ウェットティッシュタイプも人気。

1.【タイプ別】持ち運びに便利。タイプ別、人気の除菌グッズ10選

・ジェル
・スプレー
・ウェットティシュ
・紫外線(UV)除菌グッズ

2.外出先でのウイルス対策はどうする?

・外したマスクの置き場所は?
・エレベーターのボタンや吊り革は?

3.除菌グッズをお得に買いたい!

・転売価格に注意
・まとめ買いや詰め替えを活用!

1.持ち運びに便利。タイプ別、人気の除菌グッズ10選

マスクを付けて人混みの多い場所を避けても、つり革や液晶ボタンなどに付着したウイルスに触れてしまうリスクがあります。すぐに手洗いができない場合は、アルコール消毒液が有効。厚生労働省のサイトには、次のような記載があります。

手洗いがすぐにできない状況では、アルコール消毒液も有効です。
アルコールは、ウイルスの「膜」を壊すことで無毒化するものです。
<使用方法>濃度70%以上95%以下(※)のエタノールを用いて、よくすりこみます。

(※) 60%台のエタノールによる消毒でも一定の有効性があると考えられる報告があり、70%以上のエタノールが入手困難な場合には、60%台のエタノールを使用した消毒も差し支えありません
<注意事項>※アルコールに過敏な方は使用を控えてください。

エタノール(アルコールの一種)が使われている除菌グッズには、ジェル、スプレー、ウェットティッシュなどがあります。それぞれ使い勝手がちがうので、必要に応じて組み合わせて使いましょう。

ジェル

外出時にサッと手指の消毒をしたいときに便利なのが、ジェルタイプ。こぼれにくく、スプレーのように広がりすぎず、必要な分だけ手の平に出すことができます。ジェルを使う際は爪の間など手の隅々までなじませ、しっかり乾かします。

ライオン 「キレイキレイ 薬用ハンドジェル 携帯用」 28mL [指定医薬部外品]

 楽天で見る |  Amazonで見る

子どもは、いろんなものを触るのが大好き。「たくさん遊んでほしいけど、バイ菌が気になる…」とハラハラしてしまいますよね。そんな保護者の心配を減らすため、「キレイキレイ薬用ハンドジェル」は生まれました。

ツンとしたニオイがなく、手肌が荒れにくい低アルコールタイプ。水なしでサッと消毒でき、子どもも使えます*。

ナノイオン消毒成分(ベンザルコニウム塩化物)がすぐれた消毒効果を発揮し、様々な菌に対して消毒効果が期待できます。

*小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。

コスモビューティー 「プレヴェーユ アルコール ハンドジェル」 100ml 【指定医薬部外品】

 楽天で見る |  Amazonで見る

アルコール濃度が高いものを探している方におすすめ、アルコール濃度70%~75%の「プレヴェーユ アルコール ハンドジェル 携帯用」です。

手洗い後に手を乾燥させ、塗るだけでしっかり消毒できます。保湿成分にはアライトンを配合。手肌にもやさしい使い心地です。

コスモビューティー 「薬用アルコールジェルCBウィルストルPRO」 30ml 【指定医薬部外品】

 楽天で見る |  Amazonで見る

アルコール度数70%以上、薬用アルコール消毒剤「ウィルストル PRO」。「すぐに手を洗えない…困った」というとき、手・指のウイルス・細菌をしっかり消毒するために開発されたアルコールジェルです。

こちらは開け閉めが簡単な携帯タイプ。速乾性なのですぐにサラサラ。子どもも使えます。

スプレー

シュッとするだけで消毒・除菌ができるスプレータイプ。広がりやすいので、空間の除菌などにも。手肌には使えないものもありますのでご注意ください。

花王 「ビオレu 手指の消毒液 [携帯用]」 【指定医薬部外品】

 楽天で見る |  Amazonで見る

家族みんなの手指の消毒に使える「ビオレu 手指の消毒液」。すばやくなじみ、手肌にやさしい保湿成分配合のスプレーです。2020年春、パッケージデザインが変更になりました。

天然成分からなるエタノール(アルコール)を溶剤として使用(指定医薬部外品)。エタノール濃度は体積パーセント*で65vol%です。

*体積パーセント:製品100mlの中にエタノールが何ml入っているか

花王 「ビオレガード 薬用消毒スプレー(手指用) [携帯用]」 【指定医薬部外品】

 楽天で見る |  Amazonで見る

ベタつかず、すぐにサラッとするので、外出先でも使いやすい「ビオレガード 薬用消毒スプレー 携帯用」。

爪・手のシワの間もしっかり消毒でき、肌にやさしい保湿成分配合のスプレーです。エタノール濃度は体積パーセントで65vol%。

Dr.Bronner’s 「オーガニック クリーンスプレー」ラベンダー 59ml

 楽天で見る |  Amazonで見る

カリフォルニア発、オーガニックボディケアブランド「Dr.Bronner’s(ドクターブロナー)」の除菌スプレー。スマホを拭いたり子どもの手指の汚れを拭いたりしながら、良い香りでリラックス効果も。

オーガニック植物由来のアルコールで、グリセリンとラベンダー油も配合されています。「手が荒れにくい」というレビューもありました。

ウェットティッシュ

ペーパーなどを用意しなくても、出先のテーブルなどをきれいに拭ける便利なウェットティッシュ。開封すると乾燥が進みます。取り出し口をしっかり閉め、ジップロックに入れるなどして乾燥を防ぎましょう。手肌には使えないものもあります。

エーザイ 「イータック®抗菌化ウエットシート」 (60枚入り) 

 楽天で見る |  Amazonで見る

サッと一拭きで気になるところが除菌・抗菌できるウエットシート。Etak®(持続型抗菌成分イータック)により、抗菌効果はなんと1週間持続。

アルコールが入っていないので、テーブルを拭くのはもちろん、子どもの手やペットの足も拭け、便利に使えます。

「まとめ買いして毎日使っています」という声もありました。

エリエールの他のラインナップに比べアルコール濃度が高く、気になるところを拭くだけの「除菌できるアルコールタオル」(ウェットティッシュ)。

アルコール配合+ポリアミノプロピルビグアニド配合で、身のまわりのものに付着したウイルスや菌を除去してくれます。手・指の汚れのふきとりにも使えます。

紫外線(UV)除菌グッズ

携帯できる除菌グッズには、マスクやスマホなど、持ち物の除菌に使えるUV(紫外線)除菌ケースもあります。スマホの充電ができるタイプも。ライトを直視したり、肌にあてたりしないよう注意が必要です。

MATECH AirCase UV除菌ケース オゾンとW除菌効果 デュアルUVランプ PB2004-UV10WH [メーカー2年保証]

Amazonで見る

家でも仕事先でも使いたいUV除菌ケース「AirCase」。「めざましテレビ」で紹介され、話題になりました。ウイルス付着が気になるマスクやスマホ、眼鏡や紙幣の除菌が可能。

UV-C紫外線ランプによりバクテリアやウイルスを99.9%除去。オゾンによりニオイも抑制します。除菌と同時にスマホのワイヤレス充電ができる便利な機能も。こちらは京都発のベンチャー企業「MATECH(マテック)」が開発。コピー品も出回っているので、販売元にご注意ください。

一度はずしたマスクを付け直すとき、ニオイや湿気が気になることがありますよね。 MEDIK(メディク)の除菌ケース「ULTRAWAVE」なら、たった10分でマスクを乾燥させ、99.8%除菌。はずしたマスクの置き場所問題も解決します。

サイズは13cm×13cmで手の平よりも少し大きめ。薄さ3.6cm、重さ182gと軽量なのでカバンに入れて気軽に持ち歩くことができます。ガイドをはずせば、ハンカチや歯ブラシなど様々なものに使えるのもうれしいですね。

消毒剤は、手を乾かしてから
消毒剤は、手を乾かしてから

2.外出先でのウイルス対策はどうする?

マスクや除菌グッズで防御するほか、ウイルスにできるだけ触れないように注意することが必要です。

外したマスクの置き場所は?

食事などでマスクを外す際、無造作にカバンやポケットに入れてしまったら、ウイルスが付着するかもしれません。

マスクをしまう際には顔にあたる面を内側にし、マスクケースなども用意しましょう。使用後は、除菌ウェットティッシュなどでケースの表面をきれいにします。

・「マスクケース」おすすめはこちら
・「夏用マスク」おすすめはこちら

エレベーターのボタンやつり革は?

不特定多数の人が触って、汚れが気になる場合は除菌グッズで対処しても良いですが、そもそもあまり触りたくない…という人向けには、先端に金属フックがついた、ハンドルフックやドアオープナーも登場しています。

カバンに取り付けておけば、外出先で気になったとき、すぐに使うことができますね。

ハンドルフック

 楽天で見る

3.除菌グッズをお得に買いたい!

マスクの値段は落ち着きましたが、アルコール濃度が高い除菌グッズなど、まだまだ通常の値段よりも高くなっているものがあります。毎日使うものなので、できるだけコストは抑えたいですよね。

転売価格に注意

有名メーカーの除菌ジェルなどはなかなか手に入りにくい状況です。予約販売や販売開始のお知らせなどを活用し、高額過ぎる商品には気をつけましょう。

まとめ買いや詰め替えを活用!

除菌グッズにも使用期限があるものがありますが、食品に比べるとかなり長め。自分のよく使う商品があれば、複数まとめ買いしたほうがお得です。

また、外出用に消毒液を小分けすることもありますが、スプレーボトルにはアルコール非対応のものも。詰め替えるのであれば、アルコールOKで遮光性があるものにしましょう。

外出先で使いたい便利な除菌グッズとウイルス対策のポイント、除菌グッズをお得に買いうための注意点を紹介しました。

ウィズコロナの今、少しでも安心して過ごしたいですね。

※除菌グッズはすべての菌・ウイルスに効果がないことがあります。
※刺激や痛みを感じた場合は使用を中止し、医師の判断を仰いでください。
※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。