一人暮らしにおすすめのウォーターサーバー紹介。選ぶときの基準は?

水の種類やデザイン、機能性にランニングコストなど、「一人暮らしだから」と諦めてしまう必要はなさそうです。
Close-up of glass with water on desk with laptop
Close-up of glass with water on desk with laptop

水が変わると暮らしが変わる。しかし、一人暮らしでウォーターサーバーの購入は難しい...そう諦めていませんか?

最近のウォーターサーバーは、多様なライフスタイルに合わせた機能やデザインが豊富に取り揃えられています。

購入ノルマや定期的に届く水の量を上手に選べば、一人だからこそコスパ良く使えるモデルにも出会えるかもしれません。

今回、ウォーターサーバー5社を徹底比較した中から、一人暮らしにぴったりのこだわりポイントに限定して、おすすめモデルを紹介します。

一人暮らしにもおすすめのブランド

◇個性的でおしゃれなデザインが選べる

◇非加熱天然水がお得

◇弱冷水、再加熱機能、エコモードを備えたモデルも

水の種類 天然水
水の産地 富士吉田/北アルプス/金城/南阿蘇
出水機能 冷水/温水
70℃温水機能 ×
リヒート機能 ×
チャイルドロック
水の容器 ペットボトル(返却不要)
水の設置位置
サーバーレンタル代 無料
配送料 無料
メンテナンス料 無料
水の料金 3,974円(24L) 500mlあたり約83円
電気代 約1,060円
月額費用 約5,034円
初期費用 無料
半年以内に解約の場合 契約解除料15,000円
お得なママパパプラン

富士吉田、北アルプス、金城、南阿蘇から毎日汲み上げた天然水を産地直送しているプレミアムウォーター

初期費用無料に加え、月額費用も約5000円という手軽さですが、水へのこだわりも大注目です。

最寄りの産地の水は送料無料で届き、最寄り以外も指定可能(送料440円~)。美味しさもミネラルも損なわない「非加熱処理」で、まろやかな天然水のおいしさが味わえます。

幅27cmの「スリムサーバーIII」のほか、おしゃれ家電ブランド「amadana」「cado(カド―)」とのコラボモデルなどの個性的なラインナップ。

「cado×PREMIUM WATER」は約15℃の弱冷水機能、約90℃の再加熱機能もそなえています。

公式サイトはこちら

◇おしゃれなデザイン&豊富なラインナップ

◇天然水×常温/70℃/リヒート/コーヒー機能も

◇電気代月々380円~の省エネ性能

水の種類 天然水
水の産地 富士
出水機能 冷水/温水/常温水/カフェ
70℃温水機能 〇(エコモード利用時)
リヒート機能
チャイルドロック
水の容器 クラッシュボトル(返却不要)
水の設置位置
サーバーレンタル代 1,320円
配送料 無料
メンテナンス料 無料
水の料金 6,506円(37.2L) 500mlあたり約87円
電気代 約380円
月額費用 約8,206円
初期費用 無料
半年以内に解約の場合 解約金16,500円
お得なママパパプラン

フレシャスでは「FRECIOUS富士」「FRECIOUS朝霧高原」「FRECIOUS木曽」の3つの天然水が選べます(SlatシリーズはFRECIOUS富士のみ)。

一番人気の「FRECIOUS富士」は、天然水ならではの口当たりの良い甘みが支持されています。「無菌エアレスパック」でお水が空気に触れにくく、開封後も品質低下の心配が少なく安心です。

「Slat+cafe」は、コーヒーメーカー機能もそなえたモデルで、省スペースはもちろん、在宅時間のクオリティをグンっとあげる本格的なコーヒーも一押しポイントです。

冷水、常温水、温水、70~75℃(エコモード)、約90℃(リヒートモード)など、好みや用途に幅広く対応していると同時に、月々の電気代も安く抑えられるので、お財布にも優しいというから驚きです。

公式サイトはこちら

◇シンプル~コーヒーマシン一体型まで

◇安心・安全にこだわったRO水

◇無料で試せる

水の種類 RO水
水の産地 全国
出水機能 冷水/温水
70℃温水機能 ×
リヒート機能 ×
チャイルドロック
水の容器 アクアクララウォーターボトル(リターナブル)
水の設置位置
サーバーレンタル代 無料
配送料 無料
あんしんサポート料 1,430円
水の料金 2,592円(24L) 500mlあたり約54円
電気代 約1,030円
月額費用 約5,052円
初期費用 無料
半年以内に解約の場合 退会手数料3,300円
お得なママパパプラン

「純水」にこだわり、1000万分の1mmの極小フィルター「RO膜(逆浸透膜)」でろ過したお水を届ける大人気のアクアクララ

初期費用無料と月額費用も約5000円の手軽さに加え、半年以内に解約をしても大会手数料は3300円。「ウォーターサーバーは欲しいけど、一人暮らしで元が取れるかな」と悩んでいる人にも嬉しい価格帯です。

カルシウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウムという4種のミネラル成分を加え、日本人がおいしいと感じるお水にデザインされています。

公式サイトはこちら

・飲みたい水のタイプ

ウォーターサーバーで提供される水には、原水を精密ろ過した「RO水」と、地下から汲み上げられた「天然水」があります。

RO水と天然水のどちらかが優れているということはなく、どちらも安全。RO水はミネラルを含めた不純物を除去しているので「純水」に近く、ろ過後にミネラルを加えていることもあります。

不純物ゼロにこだわるのであればRO水、天然由来のミネラルを摂りたいのであれば天然水がおすすめです。

プレミアムウォーター富士吉田/北アルプス/金城/南阿蘇の天然水を指定することができます

・一人暮らしに嬉しいサイズ感

床置き型のイメージが強いですが、作業デスクやベッドの近くに置ける卓上タイプも要チェックです。お水のサイズは床置き型と変わらないものもあり、場所をとりたくない人におすすめです。

フレシャス「dewo mini」は幅25×高さ47×奥行き29.5cm。ワンルームや寝室にも置きやすいデザイン&大きさです

・気になるランニングコスト

月々のコストは、お水代+電気代+サーバーレンタル代+メンテナンス料。

サーバーレンタル代+メンテナンス料は無料の場合も、また買取プランもあります。電気代は使い方によって変わりますが、新しい機種は省エネ性能も上がっています。また、お水の代金はRO水のほうが安い傾向があります。

クリクラ「クリクラボトル」は1本1,460円(12L)。数年契約といった拘束も解約金もなく、わかりやすい料金プランです

まとめ

いかがでしたか?在宅時間の増加やプラスチック消費量の削減もあり、注目を集めているウォーターサーバーですが、用途も好みも様々です。

今回紹介した一人暮らしにぴったりのモデルの他にも、おしゃれで機能性にとことんこだわったモデルなどが数多く揃っているので、ぜひご自身のライフスタイルにあったものを探してみてくださいね。

※電気料金は使い方によって変動します。正確なものではありません。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。
※1 2019 年12 月ニフティネクサス株式会社 調べ「宅配水に関する調査」
※2 住之江工場にて取得
※3 Berkeley Springs International Water Tasting