ハフコレ編集部

電熱ベスト&ウェアおすすめ21選【2021年最新版】日本製素材・ワークマン・モバイルバッテリー付きなどランキング上位の売れ筋を比較

電熱ヒーターで体を温めてくれる電熱ベスト(ヒーターベスト、ヒートベスト)は、冬のアウトドアやウインタースポーツ、バイクでの遠出などに欠かせないアイテムとして、人気急上昇中。入手困難なワークマンや注目のVinmori、便利なモバイルバッテリー付きなど、ランキング上位の電熱ベストと選び方、実際に着て気づいたことを紹介します。日本製素材使用品、日本の工場で検品されている製品、薄手で充電も簡単なモデル、レディース、メンズ、豊富なサイズ展開のものなど、楽天やAmazonの口コミでも評判の売れ筋ランキングからオススメしたい、”最強”の電熱ベスト徹底比較!ひざ掛けブランケット、インナーウェア、パンツなどウェア小物も。
Sam Edwards via Getty Images

電気の力で発熱する服、「電熱ベスト(ヒーターベスト・ヒートベスト)」。アウトドア人気もあり、じわじわブームになっています。すぐに暖かくなり、冬場の外作業やアウトドアはもちろん、「エアコンを使っていても換気で冷えてしまう…」というときにも便利なアイテムです。

通称「着るコタツ」、最新のカーボンヒーター付きの電熱ベストが様々なメーカーから続々登場しています。「バッテリーは付属のほうがいい?」「どれくらい暖まるの?」など、わかりにくいことも多い電熱ベスト。今回は人気の電熱ベストと、選び方、実際に着て気づいたことを紹介します。

電熱ベスト(ヒーターベスト)とは?

ヒーターを内蔵し、電気の力で発熱する防寒着は、近年人気上昇中。なかでもインナーとしても使いやすいと人気なのが「電熱ベスト」です。カーボンファイバーを使った生地を発熱体としているため、ヒーター部だけでなく全体が暖まりやすいのが特徴。

モバイルバッテリーをつなげてスイッチを押すだけで、数秒~1分程度ですぐに暖かくなります。2019年にはワークマンからヒーターベストが発売され、即品薄になりましたが、この冬はさらに電熱ベストを買い求める人が増えています。

電熱ベスト、人気の理由は?

Digital Vision via Getty Images

すぐに暖かくなり、使い捨てカイロとちがって何度も使え、エコで経済的なところが人気の理由。バッテリーが付属しないタイプなら、4000円程度から手に入れることができます。

コートのインナーに着るものからアウタータイプまで、種類も増えています。屋内で着ても違和感がなく、脱いでも荷物にならない薄手タイプが人気です。

電熱ベストは、どんな人やシチュエーションにおすすめ?

冬のバイクや自転車でのツーリング、釣りや登山などのアウトドア、ゴルフやスキー、スノーボードなどの屋外・ウインタースポーツなどで、暖かく過ごすことができます。朝早く起きて寒いときや、寒い台所での屋内使用もおすすめ。エアコンは冷房時よりも暖房時に電気代がかかるので、電熱ベストを補助暖房にすれば電気代の節約にもなります。

ベストならキャンプで活動するときも動きやすく、「身体が暖まったらスイッチオフ」という使い方もできますね。

電熱ベストはどこで買える?

ホームセンターやバイク用品店などで購入できますが、ネットショッピングなら豊富なデザインから選ぶことができます。保障を付けてくれるショップも。

Lane Oatey/Blue Jean Images via Getty Images

電熱ベストの選び方

選び方のポイント①デザイン

様々なタイプがある電熱ベスト。使いたい場所に合わせてデザインを選びましょう。

・オフィスやテレワークなどの屋内使用…上着のインナーとして着用できる薄手のタイプ。首回りをスッキリさせたいならVネックがおすすめ。

・釣りやキャンプなどアウトドアでの使用…中綿があり、スイッチオフの状態でも暖かいタイプ。フード付きも便利。

選び方のポイント②バッテリーは専用のものを使う?

電熱ベストの給電は、バッテリーが主流。専用バッテリーを使うものと市販のモバイルバッテリーを使うもの、どちらもバッテリーを服のポケットに入れて給電します(ベルトを使うタイプも)。大容量バッテリーなら長時間充電なしで使えますが、その分重くなりやすい。屋内で座って使用する場合は、バッテリーの重さはあまり問題になりませんが、立ち仕事で使う際には重さも気になるところです。

市販のモバイルバッテリーを使う場合は、使用する電熱ベストの基準に合ったものが必要。スマホ用のモバイルバッテリーはパワー不足の場合もあります。専用バッテリーが付属しているタイプなら、合うかどうか調べる手間なくすぐに使うことができます。

また、BURTLE(バートル)の電熱パッド「サーモクラフト」のようにヒーター部分を着脱するタイプもあります。

選び方のポイント③温度設定、ヒーターの位置

温度設定は弱・中・強の3段階にわかれているものが多く、「ONVEIL(オンベール)」のヒートベストの場合、弱で約6時間使用可能(充電時間は4時間)。毎日使うから、「予備のバッテリーも追加購入した」という人も多いです。

ヒーターの場所は背中に一か所から、前と後ろに複数まで様々。「首を暖めたい」「腰を暖めたい」などがある場合は、その場所にヒーターがあるものを選んだほうがよいでしょう。前後でそれぞれオンオフができるタイプもあります。

選び方のポイント④素材、軽さ

表面は風を通さずに軽いポリエステルなどで、中綿を入れたものが主流ですが、フリースの裏地やニットの電熱ベストも。上からコートを着ることもあるので、軽い素材がおすすめです。雪の中で使う予定がある場合は、撥水加工があるものが◎。

選び方のポイント⑤サイズ

暖かさを逃がさないためには、サイズ選びも重要。「ユニセックスのものだと大きすぎてフィットしない…」という人は女性向けにウエストがシェイプされたデザインがおすすめ。ファスナーなどで大きさを調節できるものもあります。

選び方のポイント⑥洗濯、お手入れのしやすさ

現在、販売されている電熱ベストは自宅で洗濯できるものが多いですが、購入前に必ずお手入れ方法をチェックしましょう。(モバイルバッテリーは必ず取り外します)

お手入れは難しくなく、ヒーター部分が完全に取り外せるタイプの場合は、ふつうの服と同じように扱えることが多いです。ただし、洗濯後は必ずしっかり乾かしてから使用しましょう。

おすすめの電熱ベスト(ヒーターベスト)17選

新商品もどんどん発売されている電熱ベスト。アウトドア風やおしゃれなデザインなど、ランキング上位の人気アイテムからおすすめ17選を紹介します。

サイズも豊富。人気の売れ筋電熱ベスト

特に売れているのは、薄手のダウンベストのようなややスポーティーなタイプ。サイズが豊富で、男女兼用のものが多いです。すぐ使い始められる専用バッテリー付きのセット商品も人気です。

楽天デイリーランキングにて3冠達成した人気の電熱ベスト。薄くて軽く、男性にも女性にも着やすいデザインです。腰、左・右ポケット、首付近と4か所発熱し、衿もあるので全体がポカポカに。前を開けて羽織るだけでも心地よく過ごせます。バッテリーは付属しませんが、同じショップで購入可能です。

 
デザイン ベスト カラーブラック/ネイビー
発熱 4か所(首・両ポケット・背中)、37℃から65℃まで3段階温度調整 バッテリー(充電方法) USBポート給電
バッテリーの付属 なし(同一ショップで購入可能) 素材・重さ ポリエステル100%、中綿:PP綿、約340g(Lサイズの場合)
サイズ展開 S/M/L/XL/XXL 手入れ方法 手洗い、洗濯機洗い可能
その他 -

2019年に日本上陸したスマートウェアのヒーターVinmori。「着るストーブ」と呼ばれる電熱ウェアシリーズが人気で、TBS王様のブランチでも紹介されました。

マイクロカーボンファイバー発熱体による遠赤外線で身体の芯まで暖め、NTCサーミスタが60℃を超えたらシャットダウン。電気代は1日8時間の利用で1.6円と省エネ性も魅力。バッテリーは付属しませんが、同じくVinmoriから別売りの専用バッテリーが販売されています。

 
デザイン ベスト カラーブラック
発熱 5か所(首・お腹・腰)、前後独立温度調整スイッチ、3段階温度調整、60℃超えでシャットダウン機能 バッテリー(充電方法) USBポート給電
バッテリーの付属 なし(別売り専用バッテリーあり) 素材・重さ ポリエステル100%(表地)、アルミ蒸着(裏地)、重さ表記なし
サイズ展開 S-M/L-2L/3L-4L 手入れ方法 手洗い可能
その他 -

TVショッピングでも人気の「スピードヒート」。スイッチを押して15秒でポカポカ、専用バッテリー付きです。「すぐに暖かくなるので、寒いと感じたらスイッチを入れています」「ヒーターを使わなくてもあたたかい」という口コミも。

メンズはストレートシルエット、レディースはボディラインにそったシルエット。WEB限定の2色を含め、全6色展開です(メンズは5色)。

 
デザイン ベスト カラーナチュラルブラック/グラスグリーン/ワインレッド/クラシックブラウン/【WEB限定】ネイビーブルー/【WEB限定】パールグレー
発熱 3か所(首・背中・腰)、35℃から45℃まで3段階温度調整 バッテリー(充電方法) USBポート給電
バッテリーの付属 あり 素材・重さ ナイロン100%(表地)、ポリエステル 100% またはナイロン 100%(裏地)ポリエステル100%(中綿)、ポリエステル95%、ポリウレタン5%(サイド)、重さ表記なし
サイズ展開 M/L/LL/3L(メンズ/レディス) 手入れ方法 手洗い可能
その他 生産国中国、企画日本

Vネックタイプの電熱ベスト。約3~5秒で急速発熱し、7つのヒーターがしっかり防寒。薄く、首元が空いているので上着のインナーにも最適。

赤・白・青の3色指示ライトが点灯するので温度段階も一目瞭然。防水耐久素材を採用しているため、手洗いや洗濯機(専用の洗濯袋あり)で洗えます。

「デスクワークに使っています。伸縮性があって動きやすい」「薄いからコートの下にぴったり」とユーザーレビューも好評です。バッテリーの付属はありません。

 
デザイン ベスト カラーブラック
発熱 7か所(肩・お腹・背中・腰)、前後独立温度調整スイッチ、50℃から70℃まで3段階温度調整 バッテリー(充電方法) USBポート給電
バッテリーの付属 なし 素材・重さ ポリエステル65%・綿35%
サイズ展開 M/L/XL/XXL 手入れ方法 手洗い、洗濯機洗い可能
その他 スリムタイプのため、通常より1サイズ大きめを選ぶよう記載あり

1974年大阪創業のDOSHISHA(ドウシシャ)の温もりを着るブランド「ONVEIL(オンベール)」。モバイルバッテリーが付属したウェアラブルヒーターベストです。

日常になじみやすいやさしいカラーリングとデザインが特徴。温度が上がり過ぎた際にはサーモスタット機能で電源がオフに。裏地は暖かいフリース素材です。

 
デザイン ベスト カラーブラック/ネイビー
発熱 1か所(背中)、サーモスタット(安全装置)あり、40℃から60℃まで3段階温度調整 バッテリー(充電方法) 専用バッテリーで給電
バッテリーの付属 あり(PSE認証、5000mAh) 素材・重さ ポリエステル100%(表地)、ポリエステル100%(中綿・裏地)、本体410g(M)/430g(L)、120g(付属モバイルバッテリー)
サイズ展開 約 胸囲105、着丈68、肩幅39cm 手入れ方法 手洗い、洗濯機洗い可能
その他 2020年はM/L展開も、2021年版はワンサイズです。

2020年売れたベストを元に、お客様の声を参考に改良した新作が登場!早々に楽天ランキング1位(ベスト部門)を獲得しています。専用バッテリーと充電アダプター、日本語説明書も付くので、すぐに使い始められます。

東レ製マイクロカーボンファイバーヒーターを使用。付属のバッテリーは内ポケットに収納し、ほかにポケットが二つあります。サイドはストレッチで動きやすいデザイン。「主要パーツが日本製で安心」「氷点下2℃の日の寒さにも耐えられました」といった口コミもたくさん集まっています。

 
デザイン ベスト カラーブラック
発熱 3か所(首・肩・背中(腰))、40℃から55℃まで3段階温度調整 バッテリー(充電方法) 専用バッテリーで給電
バッテリーの付属 あり(10w 50/60Hzバッテリー) 素材・重さ ナイロン100%(表地)、ポリエステル100%(中綿・裏地)、ポリエステル95%・ポリウレタン5%(サイド)、炭素繊維(ヒーター) 本体約500g、120g(バッテリー)
サイズ展開 S/M/L/2L/3L/4L 手入れ方法 手洗い可能
その他 生産国は中国

クマガイ電工業株式会社のブランド、SUNART(サンアート)のヒーターベスト。楽天ランキング1位(ベスト部門)も獲得した通販天国の人気商品が、2021年も登場です。

えり部全体にヒーターが内蔵される構造は「ぬくさに首ったけシリーズ」だけの特許技術です。省エネ仕様で1か月の電気代は約16円(1日1回30日間使用)。「首回りがすぐに暖かくなる」「雪国でも暖かく過ごせる」といった口コミも。専用のバッテリーが付属しています。

 
デザイン ベスト カラーブラック
発熱 2か所(首・背中)、3段階温度調整 バッテリー(充電方法) 専用バッテリーで給電
バッテリーの付属 あり(7.4V 2600mAhのリチウムイオンバッテリー) 素材・重さ ナイロン(表地)、ポリエステル(中綿)、ポリウレタン/ポリエステル(サイド)、カーボン(ヒーター) 約270g(Sサイズ)、100g(バッテリー)
サイズ展開 SS/S/M/L/LL 手入れ方法 手洗い可能
その他 生産国は中国(企画・検品は日本)

メンズおすすめ電熱ベスト

薄手・Vネックの電熱ベストなら、スーツにも馴染みます。人気のワーク系のブランドでは、取り外し可能な電熱パッドを使った性能・デザインにこだわりがあるものが人気です。

クラシックなスーツベスト風でありながら、しっかり防寒できるVinmoriの電熱ベスト。ビジネスシーンはもちろん、スマートカジュアルにも使えるアイテムです。

背中(首側、腰側)のマイクロカーボン繊維電熱シートが3秒以内に温度を上昇。遠赤外線で身体を暖めます。バッテリーは付属しませんが、同じくVinmoriから別売りの専用バッテリーが販売されています。

 
デザイン ベスト カラーグレー
発熱 3か所(背中)、40℃から80℃まで5段階温度調整 バッテリー(充電方法) USBポート給電
バッテリーの付属 なし 素材・重さ ポリエステル100%、重さ表記なし
サイズ展開 S/L/XL(調整可能) 手入れ方法 手洗い可能
その他 amazon 1サイズ、楽天3サイズで展開

話題の電熱パッド「サーモクラフト(THERMO CRAFT)」が装着できるBURTLE(バートル)の防寒ベスト。スタンド衿回りに温もり感たっぷりなシープボアを、ウエスタンヨークに高強度コーデュラナイロンを採用。おしゃれなワーク系ブランドらしく、アウトドアで映えるデザインです。

サーモクラフト及びバッテリーが付いたセットのほか、ベスト単品、ベスト+サーモクラフトのセットも。

 
デザイン ベスト カラーブラック/インディゴ
発熱 4段階温度調節(サーモクラフト) バッテリー(充電方法) サーモクラフトはエアークラフト用バッテリーより給電
バッテリーの付属 あり(セット販売の場合)、ベスト単体販売もあり 素材・重さ 9オンスデニム 綿100%(表地)、ポリエステル100% (裏地)、ヨーク部:コーデュラナイロン(コーデュラナイロン100%) 、本体重さ表記なし・電熱パッド約90g
サイズ展開 S/M/L/XL 手入れ方法 一般家庭洗濯に対応したウォッシャブル仕様
その他 ベスト単体でも装着可能だが、発熱するには電熱パッド(サーモクラフト)とバッテリーが必要

程よい肌触りと柔らかさが心地よいニット素材を採用。カジュアルにオフィスに、あらゆるシーンで着られる洗練された上品なスタイルです。ボタンフロントのデザインが、オシャレ感をアップさせます。バッテリーは付属しません。

 
デザイン ベスト カラーブラック
発熱 2か所(首後部・背中)、3段階温度調整 バッテリー(充電方法) 専用バッテリーで給電
バッテリーの付属 あり(7.4V 2600mAhのリチウムイオンバッテリー) 素材・重さ アクリル100%(表地)、ポリエステル100%(裏地)、カーボン(ヒーター) 、(約)310g(Sサイズ)・バッテリー100g
サイズ展開 SS/S/M/L/LL 手入れ方法 手洗い可能
その他 生産国/中国 ※企画・全数検品は日本

レディースおすすめ電熱ベスト

ユニセックス向けが多い電熱ベストですが、「かさばるデザインは着づらい…」という方におすすめなのがレディース向けのタイプ。ふだんのファッションとコーディネートしやすい色柄だったり、ウエストシェイプで着ぶくれの心配がなかったりと、スッキリ着こなせるデザインが多く登場しています。

ウルトラライトなヒーターベストがAmazon限定で販売開始。Amazon売れ筋ランキング1位(レディースベスト部門)も獲得しています!軽くて薄手なので着ぶれせず、スーツやコートのインナーにも◎。防寒対策をしながらおしゃれを楽しめます。静電気防止加工や洗濯機で丸洗い可能なのも嬉しいポイント。モバイルバッテリーは付属しません。

 
デザイン ベスト カラーブラック
発熱 3か所(背中・腹)、温度調節記載なし バッテリー(充電方法) USBポート給電
バッテリーの付属 なし 使用可能仕様:出力(output):5V/2.0A,5V/2.1A 接続端子:USB仕様 素材・重さ マイクロ綿を採用(中綿)、その他素材表記なし、重さ表記なし
サイズ展開 S/M/L/LL 手入れ方法 洗濯機洗い可能
その他 メンズサイズもあり

楽天ランキング1位(ベスト部門)を獲得。7枚の発熱パネルを搭載したフード付きカジュアルベスト。光沢感ある滑らかな生地感が特徴です。男女兼用で男性が着ても素敵。使いやすい3色展開。モバイルバッテリーは付属しません。

首周りがすっきりなフードなしタイプも。

 
デザイン ベスト カラーグレー/ブルー/ブラック
発熱 7か所(首・背中・腰・腹)、3段階温度調節(20〜40度) バッテリー(充電方法) USBポート給電
バッテリーの付属 なし 素材・重さ ポリエステル100%(表地・中身・裏地)、加温素材:グラフェン繊維ヒーターポリエステル、重さ表記なし
サイズ展開 M/L/XL/XXL/XXXL(男女兼用) 手入れ方法 手洗い可能
その他 フードは取り外し不可、フードなしタイプも販売中

自分でサイズを調整してフィット感を高められるARRIS(アリス)のレディース電熱ベスト。バッテリー付きです。内側に着る服の厚さにも合わせられ、便利。

「首筋が暖かくなるのが特にお気に入り」「室内では最弱で十分。一日使ってもバッテリーはたっぷり残っています」という高評価レビューも集まっています。

 
デザイン ベスト カラーホワイト・3ボタン仕様、グレー・1ボタン仕様
発熱 8か所(3ボタン仕様)・6か所(1ボタン仕様)、40℃から80℃まで5段階温度調整 バッテリー(充電方法) 付属のバッテリー・充電器を使用
バッテリーの付属 あり(PSE認証済の7.4V 7200mAhバッテリー) 素材・重さ ポリエステル100%、重さ表記なし
サイズ展開 フリーサイズ(調整可能) 手入れ方法 手洗い、洗濯機洗い可能
その他 1ボタン仕様・3ボタン仕様でスペックが違います

中綿入りでアウターとしても暖かく、コートのインナーにしてもスッキリ着用できる、バッテリー付きの電熱ベスト。オフィスにもアウトドアにもなじむネイビーです。首周りはスッキリさせたい人にもおすすめ。

 
デザイン ベスト カラーネイビー
発熱 3か所、65℃をオーバーしないサーモスタット付き、3段階温度調節 バッテリー(充電方法) 付属のバッテリー・充電器を使用
バッテリーの付属 あり(PSE適合、専用7.4Vバッテリー) 素材・重さ ナイロン100%(表生地)、ポリエステル100%(中綿)、発熱用カーボン繊維(ヒーター部)、重さ表記なし
サイズ展開 M/L/XL 手入れ方法 手洗い可能
その他 ユニセックス用ですが主に女性向け商品

楽天ランキング1位を獲得したこちらの商品は、薄手で軽く、仕事中の制服の下にも着られると人気です。サイズは男女兼用、ハイネックとVネックの2デザインからお好みをセレクト。アウトドアでも、通勤時でも、部屋の中で電気代を抑えたい時にも使えそうです。PSE認証モバイルバッテリー付き。

 
デザイン ベスト カラーブラック
発熱 5か所(腰・背中・腹)、3段階温度調節(45〜60度)、過熱状態を感知して自動OFF バッテリー(充電方法) USBポート給電(付属のバッテリー)
バッテリーの付属 あり(10000mAh・PSE認証) 素材・重さ 高品質カーボン繊維+ポリエステル、重さ表記なし
サイズ展開 M/L/XL/XXL 手入れ方法 洗濯機洗い可能
その他 ハイネック/Vネックの2種類あり

ブランケット、インナー、パンツも

電熱ヒーターウェアの人気は、ベスト以外にも拡大中。携帯バッテリー式でしっかり暖かいブランケット、インナーウェア、パンツを紹介します。

手軽にまとって暖かい!透湿性・防水性・撥水性・防風性などに優れた、豊田通商開発のゼラノッツ生地を全面に使用。中面には電熱ソフトヒートを効果的にレイアウト、3M シンサレート(Thinsulate)使用で外に熱を逃がさない優れた断熱性が魅力です。

専用バッテリーで最長6時間半も暖かさをキープできるため、オフィスや居室だけでなく、キャンプなどのアウトドアや真冬のスポーツ観戦にも最適です。

 
デザイン ブランケット カラーブラック/ネイビー/ホワイト/オレンジ
発熱 2枚の電熱ソフトシート、6段階温度調節 バッテリー(充電方法) 付属のACアダプターで充電
バッテリーの付属 あり オリジナルモバイルバッテリー(5,200mAh 7.4V)・充電器(100~240V 2A) 素材・重さ ゼラノッツ生地(表地)、電熱ソフトヒート・繊維構造中綿(中面)、オールマイティオリジナルベアフリース(裏地)、重さ表記なし
サイズ展開 1サイズ(110×80cm) 手入れ方法 洗濯機洗い可能
その他 様々な体型にフィット可能なアジャスター付き

極寒の作業現場や冬のゴルフに。速乾ドライストレッチ素材使用で、着やすい、動きやすい、乾きやすいを実現。6段階の調節機能があるため、冬の早朝ゴルフから暖房の効いた室内に移動しても大丈夫。中面には電熱ソフトヒートを男性用に効果的にレイアウト、3Mシンサレート(Thinsulate)使用です。

 
デザイン インナーウエア カラーブラック/ホワイト
発熱 6か所(背中・腕・胸)、6段階温度調節 バッテリー(充電方法) 付属のACアダプターで充電
バッテリーの付属 あり オリジナルモバイルバッテリー(5,200mAh 7.4V)・充電器(100~240V 2A) 素材・重さ 素材・重さ表記なし
サイズ展開 XS/S/M/L/XL/XXL 手入れ方法 洗濯機洗い可能
その他 様々な体型にフィット可能なアジャスター付き

冬の防寒に一着あれば重宝する、充電式の電熱ヒーターを搭載したインナーパンツ。スイッチを入れて約10秒で温かさを感じ始め、約1分で快適な温かさに。内側は保温性があるフリース素材を使用。動きやすいストレッチ素材で、ウエスト部は、伸縮性の高いゴムシャーリング仕様、裾部は風の侵入を防ぐリブ仕様と機能的です。バイクや自転車、釣りなどアウトドアに。男女兼用サイズ。

 
デザイン パンツ カラーブラック
発熱 2か所(全面太もも部)、3段階温度調節(45〜65度) バッテリー(充電方法) 付属の充電器を使用
バッテリーの付属 あり・充電式 Li-on リチウムイオンバッテリー(6700mAh/7.4V/49Wh)、ACアダプター充電器シングルプラグタイプ([AC100-240V/50-60Hz/23-33VA)(PSE認証済) 素材・重さ ポリエステル97%/ポリウレタン3%(表地)、ポリエステル100%(裏地・中綿)、ポリエステル95%/ポリウレタン5%(後身頃)、日本製カーボン発熱繊維(ヒーター部:)、パンツ本体:約420g・充電池:約197g
サイズ展開 S/M/L/XL/(男女兼用) 手入れ方法 手洗い可能
その他 ポケットあり、楽天は男女兼用サイズ、Amazonはメンズ/レディース別販売

ワークマン Wind Core(ウィンドコア)、マキタなどプロ仕様のベストも人気

デザインだけでなく、機能性・安全性も気になる電熱ベスト。アウトドアファッションとしても注目の「ワークマン」、電動工具メーカーの「makita(マキタ)」など、プロ仕様の電熱ベストにも人気が集まっています。

人気のワークマンで「着るコタツ」と呼ばれているのがこちら、オリジナルブランド「Wind Core(ウィンドコア)」のヒーターベスト。実店舗のみでの取り扱いです。「探しているけど見つからない!」という悲鳴がSNSにたくさん投稿されています。

ワークマンWind Core(ウィンドコア)ヒーターベストはこちら

電動工具メーカーとして定評のあるmakita(マキタ)の「暖房ベスト」。使用にはマキタのバッテリホルダ、マキタリチウムイオンバッテリ、充電器が必要です。パワーが必要で、マキタリチウムイオンバッテリを持っている人におすすめの本格的な電熱ベストです。裏地は電源オフでも暖かいフリース。シリーズにはジャケット、ひざ掛けもあります。

 
デザイン ベスト カラーブラック
発熱 4か所、3段階温度調節 バッテリー(充電方法) マキタリチウムイオンバッテリより給電
バッテリーの付属 なし(バッテリホルダ、マキタリチウムイオンバッテリ、充電器が必要) 素材・重さ ポリエステル100%(表地・裏地)、ポリエステル85%・ポリウレタン15%(サイド)、重さ表記なし
サイズ展開 S/M/L/LL/3L/4L 手入れ方法 手洗い可能
その他 バッテリ・バッテリホルダおよび充電器は別売り

ユニフォームアパレルメーカーBURTLE(バートル)の電熱パッド「サーモクラフト」。ファン付き作業服「エアークラフト」用のバッテリーから給電し、サーモクラフト対応の防寒服に装着して使用します。組み合わせる防寒服は、ベストやジャケットなど豊富なデザインから選べるのも魅力。

 
デザイン パッド カラーオレンジ
発熱 専用の服に装着 バッテリー(充電方法) なし(エアークラフト用バッテリーが必要)
バッテリーの付属 なし(専用バッテリーは別売り) 素材・重さ 約90g
サイズ展開 1サイズ 手入れ方法 洗濯不可
その他

電熱ベスト、実際に着て気になることは?

人気の薄手ダウン風タイプの電熱ベストを実際に買って使ってみました。気づいたことを紹介します。

電熱ベストのスイッチは光る

電熱ベストのスイッチは光ります。オンオフがわかりやすいのですが、気になってしまう人も。「隠せるようにしてほしい」というレビューもありました。目立たないところに配置されている電熱ベストもあります。

バッテリー探しは意外と大変

こちらの電熱ベストはバッテリーが付属しないタイプ。「5V/2A以上のモバイルバッテリー」が必要でしたが、手持ちのスマホ用バッテリーは古く、スペックが不足…。新しくモバイルバッテリーを購入することになりましたが、「合計出力は3.6Aだけど1ポートは…」などのチェックはやや大変でした。

バッテリー選びに不安を感じる人は、専用バッテリーが付属しているタイプのほうがよいかもしれません。

また、洗濯の際にはモバイルバッテリーを取り外し、USBケーブルにキャップを取り付ける必要があります。このキャップが小さいのでなくなりそうなのが心配です。

使いだすと手放せない

10秒発熱の商品ですが、本当にすぐ暖かくなります。寒いなと感じたときにすぐ対応できるのがとても便利。肌に近い首の部分が特に気持ちよいです。バッテリーの充電が面倒ですが、毎日使うアイテムになりました。その分暖房代は節約できそうです。

電熱ベストのお手入れ方法は?

日常的に使っていく中で、きになるのが「お手入れ・洗濯方法」。最近の電熱ベストは、手洗い、洗濯機など、自宅でお手入れできるものが主流です。まずはお手入れ表示を確認してみてください。

自宅でお手入れできるものであれば、次の手順で洗濯しましょう。

1.最初にバッテリーを取り外して、USBケーブルを収納します。収納がない場合は、金属部分が傷つかないよう、テープなどで保護するのもおすすめ。

2.できるだけ洗濯ネットに入れて、洗濯表示にしたがって洗濯機洗いまたは手洗いをします。

3.乾燥機はNGのものが多いですが、電気製品なので必ず完全に乾かしてから使用します。アイロンは、低温なら使えるものもあり。必ずお手入れ表示で確認し、目立たないところで試してみましょう。

まとめ

バッテリーが付属かどうかなど、選ぶポイントも多い電熱ベスト。使ってみると、とても暖かく便利なウェアだと実感できます。テレワークや換気で自宅の暖房代が気になる人も、ぜひ試してみてください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。