ハフコレ編集部

【格安SIMランキング】おすすめのMVNO・MNOを徹底比較。通信料金を少しでも安くするなら?

通信料金を少しでも安くしたい方、格安SIMにしても速度を落としたくない方、キャンペーンでお得に乗り換えをしたい方必見です。
|

この記事は2022年6月28日に掲載した記事です

※記事で紹介したサービスを契約すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。

格安SIMとは?

格安SIMとは?通信料金を少しでも下げたい方におすすめなのが、格安SIM。通信事業者の種類やプランがたくさんあり、何を選べばお得なのか迷うことも多いのではないでしょうか?「価格」「速度」「キャンペーン」ごとにランキングにまとめました。

とにかく料金を下げたい方におすすめ:LINEMO

速度重視の方におすすめ:ahamo

キャンペーンでお得に契約したい方におすすめ:mineo

そもそもMVNO・MNOとは?

格安SIMはMVNO

格安SIMへの乗り換えを考えるときに、よく聞くのが「MVNO」や「MNO」といった言葉。2つの違いを抑えておきましょう。

MNO=自社の回線網を持つdocomo、au、SoftBank(キャリア)などの事業

MVNO=キャリアの回線を借りて格安SIMサービスを提供する事業者

MVNO業者はMNOから回線を借りているので基地局の増設やメンテナンスなどをする必要がなく、より安くサービスを提供することができます。

格安SIMを選ぶ際のポイント

音声通話SIM?データSIM?

格安SIMには、電話番号での通話が可能な「音声通話SIM」と、データ通信のみの「データSIM」の2種類があります。

メインのスマホ用として使う場合は、090・080・070から始まる電話番号を利用できる「音声通話SIM」がおすすめです。タブレットや2台目のスマホなどサブの回線として利用するなら、割安の「データSIM」で問題ありません。SMS機能がついているデータSIMもあるので、用途に合わせて選びましょう。

回線の選び方は?

格安SIMを契約する際に重要なのが、通信事業者の選び方。格安SIMはドコモ・au・ソフトバンク・楽天のいずれかの回線を使用しており、回線によって料金や通信速度に差が出ることもあります。時間帯によっては、低速通信となりやすい回線もあるため、契約時にはチェックしましょう。

データ容量の選び方は?

格安SIMの契約をする前に、毎月の通信量をチェックしておくことでムダのないプラン選びにつながります。普段自分がどのくらいの容量を使っているのか、キャリアの利用明細や端末の設定画面などから確認しておきましょう。

価格を下げたい人向けランキング

価格を下げたい人向けランキング一覧

会社名 月額利用料(最安値) 回線 速度 オリジナルオプション 初期費用
1位:LINEMO 3GB/990円〜 SoftBank 下り速度:85.82Mbps
上り速度:17.06Mbps
LINEでのギガ消費なし なし
2位:IIJmio 2GB/440円〜 docomo/au docomo
下り最大1288Mbps
上り最大131.3Mbps
au
下り最大958Mbps
上り最大112.5Mbps
5Gオプション無料など 3300円+SIMカード発行手数料
3位:OCNモバイルONE 9500MB/500円〜 docomo 下り速度:67.62Mbps
上り速度:10.45Mbps
- 3300円+SIMカード発行手数料
4位:HISモバイル 100MB/198円〜 docomo/SoftBank - 自由自在プラン290 3300円

おすすめポイント!

・3GB月額990円から利用可能

・LINEでのデータ通信は利用料ゼロ

・追加料金なしで5G通信が使える

LINEMO(ラインモ)はソフトバンクのモバイルブランド。プランは、月額990円(税込)で3GBの「ミニプラン」と月額2728円(税込)で20GBの「スマホプラン」があります。他社と比べて充実した機能と安さが特徴です。ソフトバンクの自社回線を使っているので、一般的な格安SIMと比べると通信速度が速く安定しています。

月額利用料(最安値) 3GB/990円〜
回線 SoftBank
速度 下り速度:85.82Mbps   上り速度:17.06Mbps
オリジナルオプション LINEでのギガ消費なし
初期費用 なし

おすすめポイント!

・2GB月額440円(eSIM・税込)から利用可能

・たくさんのプランから自分に合った機能や容量を選べる

・ドコモ回線とau回線の2種類から選べる

IIJmioは4つのSIMタイプと5つのデータ容量を組み合わせることができます。音声通話機能付きのSIMは、2GB月額850円〜などと、少額のプランが充実しているので、料金をとことん下げたい方におすすめです。

月額利用料(最安値) 2GB/440円〜
回線 docomo/au
速度 docomo 下り最大1288Mbps 上り最大131.3Mbps au 下り最大958Mbps 上り最大112.5Mbps
オリジナルオプション 5G オプション無料など
初期費用 3300円+SIMカード発行手数料

おすすめポイント!
・500MB月額500円から利用可能

・ドコモ回線を使用する「格安SIM」の中で最も速い

・特定の人との通話が通信容量を最大5枚まで別のSIMカードと共有できる

NTTコミュニケーションズが展開する「OCN モバイル ONE」。月額500円から利用可能です。ドコモ回線を使用している格安SIMの中で最も通信速度が速いです。

データは、500MB~10GBまでご自身の使用量に応じて選択できます。通話オプションも充実しており、よく電話する上位3番号は0円になるオプションも。特定の人との通話が多い方におすすめです。

月額利用料(最安値) 500MB/500円〜
回線 docomo
速度 下り速度:67.62Mbps 上り速度:10.45Mbps
オリジナルオプション -
初期費用 3300円+SIMカード発行手数料

おすすめポイント!

・100MB月額198円(データSIM・税込)から利用可能

・1ヶ月の利用が100MB以下の場合は、月額290円(音声SIM)で利用可能

・ドコモ回線とソフトバンク回線の2種類から選べる

旅行事業を手がけるHISが提供している「HISモバイル」。旅行会社ならではの海外旅行用SIMカードの取り扱いもあります。SIMの回線はドコモとソフトバンクから選べます。

新料金プランの「自由自在290プラン」は、主に音声通話の利用者やライトユーザー向け。音声通話機能付きSIMで通信料が100MB/月を超えなければ、月額290円で利用可能です。データ量の追加も業界最安級の1GBあたり200円で追加でき、上限に到達した後も低速で使うこともできます。

また、データ通信だけのプラン「ビタっ!プラン」では100MB月額198円から契約することができます。、使った分だけ支払う従量制課金なので、サブ回線としてもおすすめです。

月額利用料(最安値) 100MB/198円〜
回線 docomo/SoftBank
速度 -
オリジナルオプション 自由自在プラン290
初期費用 3300円

速度重視の方向けランキング

速度重視の方向けランキング一覧

会社名 月額利用料(最安値) 回線 速度 オリジナルオプション 初期費用
1位:ahamo 20GB/2970円 docomo 下り速度:114.19Mbps
上り速度:13.45Mbps"
国内通話料金毎月5分無料など なし
2位:povo 24時間使い放題/330円〜 au 下り速度:103.51Mbps
上り速度:16.54Mbps"
基本料金0円 2回線目から3300円
3位:LINEMO 3GB/990円〜 SoftBank 下り速度:85.82Mbps
上り速度:17.06Mbps
LINEでのギガ消費なし なし
4位:OCNモバイルONE 9500MB/500円〜 docomo 下り速度:67.62Mbps
上り速度:10.45Mbps
- 3300円+SIMカード発行手数料

おすすめポイント!

・速く安定した通信速度・大容量で使いやすいシンプルなプラン

・海外でも追加料金なしで利用できる
ドコモのオンライン申込み専用の格安プラン「ahamo」。月額2,970円でデータ容量20GB、5分間の通話し放題がついています。
ドコモが提供しているプランなので通信速度は速く安定しており、格安SIMのように特定の時間に速度が低下したり不安定になったりという心配もありません。また、ahamoは海外ローミングに対応しており、ahamo回線のスマホを持って海外に行った場合は追加料金なしで通信サービスを利用することが可能です。

月額利用料(最安値) 20GB/2970円
回線 docomo
速度 下り速度:114.19Mbps 上り速度:13.45Mbps
オリジナルオプション 国内通話料金毎月5分無料
初期費用 なし

2位 povo

おすすめポイント!

・基本料0円で回線維持できる

・プランを自分でカスタマイズできる

・24時間限定のデータ使い放題プランも

auのオンライン申込み専用の格安プラン「povo」。基本料0円で、データ容量や通話オプションなどを自由に選んでカスタマイズする「トッピング」型の料金プランが特徴です。必要なときだけ24時間使い放題を330円で購入、990円の3GBプランを契約するなどの使い方も多様に変えられます。

データ容量も1GB、3GB、20GB、60GB、150GBと豊富で、自分のライフスタイルに合ったプランを組み合わせることができます。

月額利用料(最安値) 24時間使い放題/330円〜
回線 au
速度 下り速度:103.51Mbps   上り速度:16.54Mbps
オリジナルオプション 基本料金0円
初期費用 2回線目から3300円

おすすめポイント!

・3GB月額990円から利用可能

・LINEでのデータ通信は利用料ゼロ

・追加料金なしで5G通信が使える

LINEMO(ラインモ)はソフトバンクのモバイルブランドです。月額990円(税込)で3GBの「ミニプラン」と月額2728円(税込)で20GBの「スマホプラン」の2種類があり、他社と比べて充実した機能と安さが特徴です。ソフトバンクの回線を使っているので、一般的な格安SIMと比べると通信速度が速く安定しています。

月額利用料(最安値) 3GB/990円〜
回線 SoftBank
速度 下り速度:85.82Mbps    上り速度:17.06Mbps
オリジナルオプション LINEでのギガ消費なし
初期費用 なし

おすすめポイント!

・通信速度がドコモ回線を使用する「格安SIM」の中でもっとも速い

・500MB月額500円から利用可能・通話無料のオプションも
NTTコミュニケーションズが展開する「OCN モバイル ONE」。一番の特徴はドコモ回線を使用している格安SIMサービスの中で最も通信速度が速いことです。
料金プランもシンプルで、データ容量は500MB~10GBまで選択可能です。よく電話する上位3番号は0円になる通話オプションもあります。特定の人との通話が多い方におすすめです。

月額利用料(最安値) 500MB/500円〜回線
回線 docomo
速度 下り速度:67.62Mbps 上り速度:10.45Mbps
オリジナルオプション -
初期費用 3300円+SIMカード発行手数料

キャンペーン・サービス充実度ランキング

mineoは、関西電力グループの株式会社オプテージが提供する格安SIM。回線はドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアに対応しており、フリータンクやパケットギフトなど、他の格安SIMにはない独自サービスが特徴です。

中でも「ゆずるね。」は、平日の昼間の1番混雑する時間帯の緩和を目的としているサービスです。利用者は、mineoアプリから「ゆずるね。宣言」をし、混雑する(12時〜13時)時間帯の通信量が少なければ、特典と交換ができるスタンプがもらえます。スタンプの数によってデータ量の追加や高速通信ができるプレミアム帯域を1日使えるチケットに交換できます。昼間Wi-Fi環境で過ごす時間が長い方におすすめです。

月額利用料(最安値) 24時間使い放題/330円〜回線
回線 docomo/au/SoftBank
速度 下り速度:46.31Mbps 上り速度:31.45Mbps
オリジナルオプション ゆずるね。など
初期費用 3300円

LINEMOでは現在、ミニプランとスマホプランがお得になるキャンペーン中です。通話無料キャンペーンと併用することでかなり割安で契約できます。

【実質最大半年無料キャンペーン開催中:ミニプラン】

ミニプランへ新規または他社からの乗り換え(MNP)で、最大6カ月間(開通日の属する月の翌々月から7カ月後まで)毎月PayPayポイント990ポイント(990円相当)がもらえます。ポイントは「PayPayギフトカード」で渡されますが、6カ月間実質無料でLINEMOを使うことができます。

【乗り換えで1万円相当がもらえるキャンペーン開催中:スマホプラン】

スマホプラン(20GB)へ新規または他社からの乗り換え(MNP)を考えている方には「PayPayポイントあげちゃうキャンペーン」がお得です。新規契約の場合はPayPayポイント3,000円相当、乗り換えの場合はPayPayポイント10,000円相当もらえます。

また、5分以内の国内通話が無料になる通話オプション「通話準定額」(税込550円/月)を併用することで、契約から1年間通話料金が無料です。

月額利用料(最安値) 3GB/990円〜
回線 SoftBank
速度 下り速度:85.82Mbps    上り速度:17.06Mbps
オリジナルオプション LINEでのギガ消費なし
初期費用 なし

IIJmioでは、7月末まで端末セールを実施中です。

IIJmioは、2GB月額440円(eSIM・税込)から利用可能で、ドコモ回線とau回線の2種類から選ぶことができます。また、4つのSIMタイプ(音声SIM・SMS専用SIM・データ専用SIM・スマホ本体にSIMが内蔵されたeSIM)と5つのデータ容量から、自分に合ったプランを組み合わせることができます。

月額利用料(最安値) 2GB/440円〜
回線 docomo/au
速度 docomo 下り最大1288Mbps上り最大131.3Mbps    au下り最大958Mbps上り最大112.5Mbps
オリジナルオプション 5Gオプション無料など
初期費用 3300円+SIMカード発行手数料

OCNモバイルONEでは、提携する買取サービスに申し込みをした方に、割引クーポン(15,000円分)がもらえる買い替え応援プログラムを実施中です。
ドコモ回線を使うことができ、格安SIMの中で最も早い通信速度が魅力。
データ容量は、500MB~10GBまで選択可能です。通話オプションも充実しているため、特定の人との通話が多い方で通信速度を重視される方におすすめです。

月額利用料(最安値) 500MB/500円〜
回線 docomo
速度 下り速度:67.62Mbps 上り速度:10.45Mbps
オリジナルオプション -
初期費用 3300円+SIMカード発行手数料
※記事で紹介したサービスを契約すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。
ホームページへ
訂正の連絡はこちら