ハフコレ編集部

豆でできた麺「Zenb Noodle」がSNSで話題。気になる味は?→実際に食べてみた

最近SNSでよく見かけるZenb Noodle。ラーメンやパスタなど、さまざまな麺料理に応用できて万能でした。
|
※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。

豆でできた麺が話題

黄えんどう豆100%で作られているという「Zenb Noodle」

Fumiko Ishii

どんな味がするのでしょう🤔
細麺を使って、ラーメンとパスタを作ってみました。

まずは、ラーメン🍜

Zenb noodleが提供しているレシピを参考に鶏塩ラーメンを作ってみました。

作り方は簡単

Fumiko Ishii

沸騰した水(600ml以上)に一束入れ、約4分茹でます。

Fumiko Ishii

麺がくっつかないように時々混ぜます。電子レンジでも調理できるそうです。

Zenb noodleが提供しているレシピでは、茹で汁をスープに使っていますが、

今回はスープ用にお湯を沸かし、鶏がらスープの素(大さじ1程度)、味を整えるために塩(小さじ1/2)を入れました。

お好みのトッピングを追加すれば完成 🍜

トッピングはお好みで
Fumiko Ishii
トッピングはお好みで

トッピングは、自家製の鶏チャーシュー、ゆで卵、ネギ、チンゲンサイを追加しました。

高タンパク質で、麺はモチモチ

Fumiko Ishii

気になる味は...!
「お、おいしい...」

想像以上の美味しさにびっくり😲

豆でできていると言われなければ気づかないほど。

麺はモチモチで、細麺なのであっさりスープとよく絡みます。

海老のアメリケーヌソースパスタ 🍝

Fumiko Ishii

サッと昼食を済ませたかったので、市販のトマトソースを使いました。
茹でたエビを追加し、麺と和えれば完成です。

モチモチの麺にソースがよく絡みますが、たびたび麺同士がくっつき、固まってしまいました。
パスタより汁麺の方が食べやすいかもしれません。

素材の黄えんどう豆とは?🫘

Getty Images

黄えんどう豆は、私たちがよく食べている青えんどう豆の仲間で、中国やインド、スウェーデンなどでは広く知られており、小麦に比べてタンパク質や食物繊維が豊富。

タンパク質と食物繊維の比較(Zenb Noodle公式より)
zenb noodle
タンパク質と食物繊維の比較(Zenb Noodle公式より)

黄えんどう豆でできているZenb Noodleのタンパク質は、一食あたり13~17.3g、食物繊維は9.8~14.2gと、ご飯やパスタに比べて多く含まれているそうです。

リピート買い決定 😋

特筆すべきはその万能さ 🙆‍♀️
ラーメンやパスタ以外にも、冷麺、そうめん、台湾ませそばで食べてみましたが、どんな料理にも合いました。

料理ごとに、麺を買い揃える必要がないのも嬉しいポイント。

Zenb Noodleでは、麺以外にマカロニや、パスタソース、タイ風焼きそばのパッタイソースなども販売されています。飽きることなくいろんな料理が楽しめそう。
ぜひチェックしてみてください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。