NEWS
2020年10月22日 16時01分 JST

「鬼滅缶」約3週間で5000万本突破 販売数が約5割増に

購入者からは「DyDoのコーヒーは変わらず美味しい」「箱買いしてしまった」など好評の声が届いているとのこと。

ダイドーブレンド公式サイトより

ダイドーブレンド好調、『鬼滅の刃』コラボ商品が累計5000万本突破 販売数が約5割増に

 5日発売された『ダイドーブレンド』と大人気アニメ『鬼滅の刃』のコラボ商品が、約3週間で累計販売本数5000万本突破したことが、ダイドードリンコ社より発表された。同商品の好調により、10月度単月のコーヒー飲料の販売数量(本数ベース・速報値)は、前年同月度比149.5%と大きく伸長したと報告。担当者によると購入者からは「DyDoのコーヒーは変わらず美味しい」「箱買いしてしまった」など好評の声が届いていると説明した。

【写真】その他の写真を見る 

 同商品が1975年の発売から今年で45周年を迎えたことを記念して実現した『鬼滅の刃』とのコラボ。「ダイドーブレンドコーヒーオリジナル」に加え、今回新たに発売された「ダイドーブレンド 絶品微糖」と「ダイドーブレンド 絶品カフェオレ」にも『鬼滅の刃』をデザインし、3品で計28種類の「鬼滅の刃」デザインパッケージを発売した。

 『鬼滅の刃』と言えば、16日に公開されたアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、公開初日から3日間(18日まで)の興行収入が46億2311万7450円、動員数342万493人と大ヒットを記録し話題に。配給の東宝の株価も19日に年初来の高値を更新し、ローソンやくら寿司、JR東日本、ベネッセコーポレーションなど多くの企業でコラボ企画・商品が続々と展開され、売上や話題作りに貢献。ネットでは「鬼滅の刃は日本経済の柱」とまで言われるほどの恩恵を生み出している。

【関連記事】