onimetsunoha

【加藤藍子のコレを推したい、第5回】私たちはもはや、自分自身をたやすく放り出す「ヒーロー」には心を動かされないのだ。
新型コロナの影響を受け、入場者数・興行収入およそ半減。年間ランキングでは『鬼滅の刃』が首位、『スター・ウォーズ』『今日から俺は!!』などが続いた。
「お、落ち着いて...」の声も。同じく声優の小野賢章さんや花江さんのファンが祝福のコメントを寄せています。おめでとうございます。
『千と千尋の神隠し』(316億円)を抜き、公開73日間で観客動員2404万9907人、興行収入324億7889万5850円を突破し、歴代1位となった。
炭治郎や禰豆子、鬼舞辻無惨など人気キャラクターが登場。年末年始に遊んでみては?
興収ランキング歴代1位となる『千と千尋の神隠し』の316億円の目前まで迫っており、年内にも記録を更新するとみられる。
第2弾では、主人公の竈門炭治郎にフィーチャーしている。
2021年はどんな年になるのでしょうか。
異例の大ヒットとなった劇場版「鬼滅の刃」。今から映画に追いつきたいあなた、既に何度も見たというあなたにも読んで欲しい、作品紹介。
発行部数1億2000万部、劇場版の興行収入300億円を超え、社会現象となっている『鬼滅の刃』。「大人の心に刺さる言葉」や期間限定生産CDも。
ハフコレ編集部