NEWS
2019年08月30日 19時11分 JST

ローソン社員、4億3000万円流用で懲戒解雇「飲食代として使った」と説明

業務委託料を水増して発注し、予備費の名目で取引先にプールさせる手口で、合計約4億3000万円を流用していた。

Buddhika Weerasinghe via Getty Images
ローソンのロゴマーク

コンビニ大手「ローソン」は8月30日、元社員が「約4億3000万円を私的に使用した」として同日付けで懲戒解雇したと発表した

「関係者の皆様に多大なるご迷惑とご心配をおかけすることとなり、深くお詫び申し上げます」と謝罪している。 

■「一人の社員に長年同じ業務を単独で担当させた為…」

ローソン広報室によると、元社員はIT部門に所属していた課長クラスの50代の男性。商品発注などのシステムを担当しており、勤続35年だった。

2011年から2019年まで約9年間にわたって、ITコンサル業界の取引先と共謀。業務委託料を水増して発注し、予備費の名目で取引先にプールさせる手口で、合計約4億3000万円を流用していた。

ローソンは「一人の社員に長年同じ業務を単独で担当させた為、社内での監視機能が働かず、更に定期的な業務チェックでも不正を発見できませんでした」と説明している。

 2月に内部通報があり、ローソンが社外弁護士を含めた社内調査体制を構築して調査を実施。その結果、元社員と取引先が共謀した不正行為と判明したという。ローソンは元社員と取引先企業を刑事告訴する方針だ。

元社員は会社の調べに対し私的使用を認めたうえで「飲食代として使った」などと話しているという。4億3000万円全額を飲食代に使ったのかは不明だ。