NEWS
2019年12月22日 21時49分 JST | 更新 2019年12月22日 22時17分 JST

ミルクボーイとぺこぱに注目集まる。「M-1グランプリ」史上最高得点も...どんなコンビなのか?

「M-1」で新星が登場🌟 ミルクボーイの「コーンフレーク」はトレンド入りも。

(C)M-1グランプリ事務局
ミルクボーイ、ぺこぱ

漫才日本一を決める「M-1グランプリ2019」(ABCテレビ・テレビ朝日系)が12月22日に放送された。10組のファイナリストのうち3組が進む最終決戦には、常連組のかまいたちと、ミルクボーイ、ぺこぱが進出した。

【UPDATE】最終決戦で、ミルクボーイは「最中」のネタを披露。審査員7人中6人がミルクボーイに投票し、2019年の『M-1グランプリ』はミルクボーイが優勝を収めた。

ミルクボーイ、ぺこぱはともに決勝初出場。新星の登場に、Twitterでは大きな話題を呼んだ。どんなコンビなのか?

 

過去最高得点を獲得、「コーンフレーク」ネタで話題のミルクボーイ

(C)M-1グランプリ事務局
(左から)ミルクボーイの駒場孝さん、内海崇さん

ミルクボーイは、2007年に結成された漫才コンビ。吉本興業所属で、大阪府出身の駒場孝(こまばたかし)さんがボケ、兵庫県出身の内海崇(うつみたかし)さんがツッコミを担当する。

決勝では、「母が好きな朝ごはんの名前を思い出せない」というネタを披露した。コーンフレークの奇抜な「あるあるネタ」を繰り広げ、『M-1グランプリ』史上最高得点となる681点を獲得。Twitterではトレンド入りするほど話題になった。

予測不可能なボケとツッコミ、ぺこぱ

(C)M-1グランプリ事務局
(左から)シュウペイさん、松陰寺太勇さん

決勝戦の最後に登場したぺこぱは、サンミュージックプロダクション所属。

神奈川県出身のシュウペイさん、山口県出身の松陰寺太勇(しょういんじたいゆう)さんが2008年に結成した。

決勝では、予測不可能なボケとツッコミのやりとりがつづく「タクシー運転手」のネタを披露。敗者復活組で優勝候補とみられた和牛を下し、最終決戦に進出した。