アートとカルチャー
2020年10月12日 07時50分 JST | 更新 2020年10月13日 07時06分 JST

森七菜さん、どんな人? 朝ドラ『エール』梅役を経て『この恋あたためますか』で主演

森七菜(もり・なな)さんは、大分県出身の19歳。あのアニメ映画のヒロインの声を担当していました。

放送中のNHK連続テレビ小説『エール』で注目を集めているのが、俳優の森七菜(もり・なな)さんだ。 

演じる梅は、主人公・裕一(窪田正孝さん)の妻・音(二階堂ふみさん)の妹。 

梅は、文芸雑誌の新人賞を受賞し、作家デビューを果たし上京。のちに、婚約者の五郎と共に地元・豊橋に帰るという役どころだ。 

時にぶっきらぼうな物言いながらも、冷静な助言で音を後押しするなど、作品に欠かせないキャラクターとなっている。

演じる森さんは、10月20日スタートのTBS系ドラマ『この恋あたためますか』の主演を務めるなど、今話題の俳優だ。 

 

大分県出身。「天気の子」で声を担当

時事
「天気の子」、森嶋帆高役の醍醐虎汰朗さん(左)と天野陽菜役の森七菜さん(右)=2019年9月撮影

所属事務所の公式サイトによると、森さんは2001年8月31日生まれの19歳。

大阪府生まれで、 大分県の出身だ。趣味・特技は、動画作り、ピアノ、ダンスだという。朝日新聞の記事によると、2016年に地元でスカウトされたという。

新海誠監督のアニメ作品『天気の子』では、ヒロイン・天野陽菜(ひな)の声を担当した。また、岩井俊二監督の映画『ラストレター』では2役を演じ、さらに主題歌『カエルノウタ』も担当した。

ドラマでは、『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(2019年、日テレ系)などに出演してきた。『3年A組』は、菅田将暉さんが教師役を演じ、大きな話題となったドラマで、森さんは生徒の1人を演じた

時事
森七菜さん=2019年11月撮影

主演ドラマ『この恋あたためますか』で演じるのは、アイドルグループをクビになり、コンビニでアルバイトをしている井上樹木(きき)だ。

TBSの火曜ドラマは、恋愛ドラマの話題作を生んできたことで知られ、直近では松岡茉優さん、多部未華子さんらがメインキャストを務めた注目の放送枠だ。

『この恋あたためますか』では、中村倫也さん、仲野太賀さん、 石橋静河さんらと共演する。