atotokarucha

謎に包まれたその存在を体感できる「バンクシーって誰?展」が東京・天王洲アイルで開催中だ。他ならぬこの「天王洲」という街だからこそ、この展覧会は実現できた。倉庫の街がいかにして「アートの街」に生まれ変わったか。
映画『梅切らぬバカ』が公開された。塚地武雅さん演じる“忠さん”には自閉症がある。当事者、演者のさまざまな意見を取り入れながら製作したプロセスについて、塚地さん、和島香太郎監督に話を聞きました。
姉妹そろってInstagramを更新し、「HAPPY BIRTHDAY」と父の誕生日を祝いました。
ニューヨーク公共図書館に続いて、ワイズマン監督がカメラを向けたのは「市役所」。初の女性、非白人の市長が誕生したばかりの米マサチューセッツ州ボストンの市庁舎だ。そこには行政とは何か? が詳細に映し出される。
中国地方初のプライドパレード『ももたろう岡山 虹の祭典2021』が11月28日(日)に開催される。ラッピングトラック「虹トラ岡山」のアートワークを担当した、岡山出身でオープンリー・ゲイの書道家、Maaya Wakasugiさんにインタビューした。
長かったロックダウンが明け、1年ぶりに訪れた大英博物館(イギリス・ロンドン)。いつもあるはずの場所から、ある彫刻が姿を消していた。その背景には「Black Lives Matter」の動きがあった。
まろやかな味わいの「バタースコッチラテ」が、コンビニで買えちゃいます。
「なぜ日本ではまだ早いと思うのだろうと考えていたら、やらないから『早い』ままなのだと気が付きました。自分はそれを実現できる立場にある」
「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021」が茨城県医師会などからの要請を受け、開催中止に。LiSAさんやKing Gnuのメンバーなどもコメントした。
「男が手芸なんて変だし」。自分にかけられてしまった「呪い」やジェンダーバイアスを解体していく物語『ニッターズハイ! 』。「男子高校生が編み物をする」というテーマはどのようにして生まれたのか。作者の猫田ゆかりさんに聞いた。
人気ヒーロー映画で、海の生物を従えて戦う王子アーサーを演じたジェイソン・モモア。あえて「ピンクの服」ばかり着る理由が素敵です。
「ガラスの天井」は日本映画界にも。特に大規模な予算がかかった作品で女性監督の起用が少なく、その背景には過酷な労働環境も考えられる。
「編集部より謝罪をお受けしました」とした上で、「原作者としてはキャラクターのイメージは大切ですので、パロなどを行うにしてもやり過ぎないようにお願いしたい」と述べた。
いよいよ最終回。東大専科の生徒たちの未来や「助っ人」の正体も気になりますが、桜木の名言が改めて心に響きます。
NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』が話題の、清原果耶の最新映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』が6月25日に公開された。
「私の未来は私が決める」そんな言葉を貫き、既存のアイドルの枠組みを超え、挑戦し続ける「アンジュルム」元リーダーの和田彩花さん。石川佳純、前田マヒナら女性アスリートのプレッシャーとの戦いを描いた「SK-II STUDIO」のアニメ「VSシリーズ」を、自らの経験に重ねながらレビュー。仕事、結婚、女性らしさ…プレッシャーを克服する方法とは? #CHANGEDESTINY
PRESENTED BY SK-II
「自分の婚姻状態や性別を前面に押し出す呼ばれ方に違和感しかない」。新しい言葉を提案し、共感を集めています。
「喜怒哀楽を放置しない」「内面の自由は私次第」。自分を正しく大切にする生き方が大人の女性の大きな共感を呼ぶ猫沢エミさん。コロナ禍でメンタルヘルスの問題が深刻化するなか、健やかに生きるためのヒントを聞いた。
入江清彦TBSラジオ取締役会長は「FMを中心において、FMネットワーク局になると、ご理解いただけたら」と語った。