atotokarucha

「なぜ日本ではまだ早いと思うのだろうと考えていたら、やらないから『早い』ままなのだと気が付きました。自分はそれを実現できる立場にある」
「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021」が茨城県医師会などからの要請を受け、開催中止に。LiSAさんやKing Gnuのメンバーなどもコメントした。
「男が手芸なんて変だし」。自分にかけられてしまった「呪い」やジェンダーバイアスを解体していく物語『ニッターズハイ! 』。「男子高校生が編み物をする」というテーマはどのようにして生まれたのか。作者の猫田ゆかりさんに聞いた。
人気ヒーロー映画で、海の生物を従えて戦う王子アーサーを演じたジェイソン・モモア。あえて「ピンクの服」ばかり着る理由が素敵です。
「ガラスの天井」は日本映画界にも。特に大規模な予算がかかった作品で女性監督の起用が少なく、その背景には過酷な労働環境も考えられる。
「編集部より謝罪をお受けしました」とした上で、「原作者としてはキャラクターのイメージは大切ですので、パロなどを行うにしてもやり過ぎないようにお願いしたい」と述べた。
いよいよ最終回。東大専科の生徒たちの未来や「助っ人」の正体も気になりますが、桜木の名言が改めて心に響きます。
NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』が話題の、清原果耶の最新映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』が6月25日に公開された。
「私の未来は私が決める」そんな言葉を貫き、既存のアイドルの枠組みを超え、挑戦し続ける「アンジュルム」元リーダーの和田彩花さん。石川佳純、前田マヒナら女性アスリートのプレッシャーとの戦いを描いた「SK-II STUDIO」のアニメ「VSシリーズ」を、自らの経験に重ねながらレビュー。仕事、結婚、女性らしさ…プレッシャーを克服する方法とは? #CHANGEDESTINY
PRESENTED BY SK-II
「自分の婚姻状態や性別を前面に押し出す呼ばれ方に違和感しかない」。新しい言葉を提案し、共感を集めています。