看護師は「最後の砦」。医療現場が危機訴え「感謝の言葉は要りません」「偏見の目で見ることはやめて」

新型コロナの感染者数が再び増加する中、医療現場で働く看護師たちが疲弊している。日本看護管理学会らが「国民へのお願い」を公表した。

国内での新型コロナウイルス感染者数が再び増加する中、日本看護管理学会が「日本看護管理学会より国民の皆さまへ ナースはコロナウイルス感染患者の最後の砦です」と題するメッセージを公表した。発表は12月10日付。

文章は「国民の皆さま、ナースが危機を迎えています。コロナウイルスに感染した患者さんの最も近くにいるのはナースです。この長期戦の中、ナースは身も心も疲弊してきています」という書き出しで始まる。

専門職である看護師たちが、私生活や自身のキャリア形成に目をつぶり、時には自身の家族にも仕事内容を隠しながら感染者の看護にあたっていると説明した。

「私たちは自分の仕事を全うするだけですので、感謝の言葉は要りません」とし、こう続けた。

「ただ看護に専念させて欲しいのです。差別や偏見はナースに対してフェアな態度でしょうか?なぜナースたちは、看護していることを社会の中で隠し、テレビに出るときにはモザイクをかけなければならないのでしょう。これでは、潜在しているナースも復帰をためらいます」

医療関連職種への協力を訴えた上で、「国民の皆さまにお願い」として、3点をあげた。

  • 皆さまには、ご自分の健康と医療現場を守るため、なお一層の慎重な活動をしていただきたい。
  • 医療専門職として、感染予防には留意しております。私たちを偏見の目で見ることはやめていただきたい。
  • また、もしも一旦仕事から離れている私たちの仲間が、看護の仕事に戻ってこようと思うときには、周囲の方にはぜひご理解いただき、この窮状を救う意志のあるナースを温かく送り出していただきたい。

「世間はGoToで旅行や会食を楽しんでいるのに」

日本看護協会も新型コロナに関連し、「国民の皆さま、看護職の皆さまへメッセージ」という、福井トシ子会長のメッセージ動画を11月末に公表している

メッセージでは、「医療現場での大変な状況を訴える声」が集まっていると説明した。

「感染制御がこれほど大変な状況なのに給与やボーナスが減額された、誹謗中傷がいまだになくならない、世間はGoToで旅行や会食を楽しんでいるのに自分たちは旅行や会食は一切できない、といった看護職の皆さまからの悲痛な声が多く寄せられており、リフレッシュできない社会環境にあります」

そして、国民に対して、こう呼びかけた。

国民の皆さまにお願い致します。

医療現場は限界に近づいています。医療が崩壊すれば救うことのできる命も助からなくなります。

医療現場をお支えください。

看護職をはじめとする医療従事者を物心両面から支えていただきたいと思います。どうかよろしくお願い致します。

そして最大の支援はご自身が感染しないことです。規則正しい生活を心がけ免疫力を低下させないこと、マスクをすること、こまめな手洗い、3密を避けるなどの感染予防の徹底をどうぞよろしくお願い致します。

いま現在が医療崩壊に至るかどうかの最後の分岐点です。どうか皆さまのご理解をお願い致します。