kangoshi

障害者支援施設でのクラスター、九州の豪雨ではコロナ禍での自然災害も目撃した。写真家・渋谷敦志が語りかける、ポストコロナへの願い
PRESENTED BY 日本赤十字社
新型コロナの感染者数が再び増加する中、医療現場で働く看護師たちが疲弊している。日本看護管理学会らが「国民へのお願い」を公表した。
看護師が勤務する病院のあるアメリカ・オレゴン州では感染者数が増加傾向で、解雇を求める声も出ている。
大学側は「誤った認識を持つ一部の本学教職員がいた」などと説明している。
夏のボーナスなしで大量離職との報道が続いたが、退職の背景にはこれまでの大学の姿勢に対する失望があると説明した。
患者のために働いている看護師を「日常のヒーロー」と呼びたい、と監督は話します
警官隊からビーンバッグ弾で撃たれたとされる女性が、デモ参加者が警察に対抗するアイコンとなっている。
自分の人生を犠牲にしているかどうかは、他人には分からない。 だから自分に聞いてみよう。「幸せだと感じているか? 希望を持てているのか?」と。
性感染症治療では検査を行うことがないので、患者さんが自分の症状を正確に伝えてくれるかどうか、がとても重要です。
時間とお金を投資して、あなた自身の未来のためにミャンマーやカンボジアに来てほしい。