オバマ元大統領、結婚30周年に妻に送った全力の愛のメッセージが素敵すぎる

結婚30年の記念日に、お互いへの想いをSNSに投稿しています
|

アメリカのバラク・オバマ元大統領と妻のミシェル・オバマさんは10月3日、結婚30周年を迎えた。

30年という月日を経て、ふたりの愛と絆はますます強まっているようだ。

オバマ元大統領は3日に、ふたりの結婚式と最近の写真の2枚を投稿。

「ミシェ、君は30年経っても全く変わらないのに、なぜ私はそうではないのかわからない。しかしこの日、私は自分が宝くじに当たったことは知っている。あなたはこれ以上望みようがないほど、素晴らしい人生のパートナーです」と妻への愛を伝えた。

この直後に、ミシェルさんも2枚の写真をツイート。「私の愛する男性へ。記念日おめでとう!この30年は冒険でした。あなたがそばにいてくれて、心から感謝しています。一生をともにすることを祝って乾杯。愛しています」とつづった。

デートを断られても諦めなかったオバマ元大統領

ふたりは20代だった1989年に、職場だったシカゴの法律事務所で出会った。

オバマ元大統領は2007年のインタビューで「彼女の背の高さと美しさに感銘を受けました」「デートに誘いましたが、何度何度も断られました」と振り返っている。

しかし、最終的にミシェルさんは折れ、最初のデートに同意。その後も、映画館などでデートを重ねた。そしてオバマ元大統領は2年後、自身の司法試験合格を祝うディナーで、サプライズプロポーズした。

ミシェルさんは、デザート皿の上の婚約指輪を見て、「ものすごく驚いた」とABCに明かしている。プロポーズの返事は「イエス」。ふたりは1992年10月3日にシカゴで結婚した。

(左から)ホワイトハウスで肖像画のお披露目に参加したミシェル・オバマさんとオバマ元大統領(2022年9月7日)
(左から)ホワイトハウスで肖像画のお披露目に参加したミシェル・オバマさんとオバマ元大統領(2022年9月7日)
Tom Williams via Getty Images

c

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。