TOKYO 2020
2021年08月13日 11時08分 JST | 更新 2021年08月13日 18時45分 JST

金メダルを手に「あなたのおかげ」と感謝。バスを間違えた選手を大会関係スタッフが救う【東京オリンピック】

オリンピックで予想外のハプニングに見舞われた時、助けてくれた1人のスタッフがいました

Instagram
パーチメント選手と、再会した大会関係スタッフのティヤナさん

あなたのおかげで決勝に進めました――。    

東京オリンピックでハプニングに見舞われたジャマイカの選手が、助けてくれた大会関係スタッフを探し出し、感謝を伝えた。

陸上のハンスル・パーチメント選手は、8月5日に行われた男子110メートルハードルで金メダルを獲得した。

しかしパーチメント選手は、準決勝前に思わぬトラブルに遭遇していた。 

MATTHIAS HANGST via Getty Images
男子110メートルハードルで金メダルを獲得した、ハンスル・パーチメント選手(2021年8月5日)

同選手によると、オリンピックスタジアムに向かうバスに乗るはずが、音楽を聞いていて違うバスに乗ってしまい、気づいた時に水泳競技会場に到着していた。

バスを間違ったと気づき、慌てたパーチメント選手。

「選手村に戻って、オリンピックスタジアム行きのバスに乗らなければならないと言われました。しかしそれではウォーミングアップにも間に合わない」

「オリンピック専用の車に、会場に連れていってくれないかを試みましたが、彼らはとてもルールに忠実で、利用するには出発前に予約しなければいけなかった」とInstagramに投稿した動画で説明している。

困ったパーチメント選手は、その場にいたティヤナさんという大会関係スタッフに助けを求めた。

「彼女は、大会と提携しているタクシーに乗るためのお金をくれました。おかげで、競技場に向かうことができ、ウォームアップにも間に合って試合に参加できました」とパーチメント選手は振り返る。

パーチメント選手はその後、準決勝を通過して、決勝で見事に金メダルに輝いた。

競技を終えた後、同選手は、バスでティヤナさんの元へ向かい、金メダルを見せて「あなたのおかげで、あの日決勝に進めた」と感謝を伝えている。そしてタクシー代を返してジャマイカチームのシャツをプレゼントした。

ティヤナさんももらったシャツをInstagramに投稿しており「ありがとう」とコメント。パーチメント選手が「ぴったりでよかった」と書き込んでいる。

ジャマイカのメディア、サンデー・グリーナーによると、ジャマイカのエドモンド・バートレット観光相は助けてくれたティヤナさんに感謝し、ジャマイカに招待した。

バートレット観光相は「彼女は見返りを求めない行動をしました。その行動がどんな結果をもたらすか、わからなかったでしょう」と述べている。

パーチメント選手は2012年のロンドン大会で銅メダルを獲得し、2016年のリオ大会は、怪我で出場できなかった。そして東京大会で初のオリンピック金メダルを手にした。

【UPDATE 2021/08/13 00:09PM】

当初、パーチメント選手を救ったのは「ボランティア」と表記していましたが、正確を期して「大会関係スタッフ」と表記を変更します。

【UPDATE 2021/08/13 06:43PM】

当初大会関係スタッフのお名前をティアナさんと表記していましたが、ティヤナさんに修正しました。

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。