大阪ビル火災で24人死亡、凄惨な現場写真。多くの人が手を合わせる

心療内科の「働く人の西梅田こころとからだのクリニック」が火元とみられています。
事件翌日の12月18日は、多くの人が火災現場に花を手向け、手を合わせた。
事件翌日の12月18日は、多くの人が火災現場に花を手向け、手を合わせた。
Kim Kyung Hoon via Reuters

12月17日午前、大阪市北区内の繁華街にある8階建ての雑居ビルで、24人が死亡する火災が発生した。火災が起きたのは4階にある「働く人の西梅田こころとからだのクリニック」で、報道各社によると、クリニックに通院していた61歳の男が火をつけたとみられるという。

心療内科のクリニックで火災

大阪市消防局によると、火災は17日午前10時20分ごろ、大阪・北区曽根崎新地にある「堂島北ビル」で発生した。

出火元とみられる4階には、心療内科や精神科の診療を専門とする「働く人の西梅田こころとからだのクリニック」が入居している。4階から27人、6階から1人の合計28人が病院に搬送されたが、17日19時時点で、そのうち24人が亡くなった。

「働く人の西梅田こころとからだのクリニック」が入居する4階が火災現場となった
「働く人の西梅田こころとからだのクリニック」が入居する4階が火災現場となった
BUDDHIKA WEERASINGHE via Getty Images

火をつけたとみられる男 「かなり危険な状態」

NHKニュースによると、警察は殺人と放火の疑いで捜査しており、火をつけたのはクリニックに通っていた61歳の男とみられるという。男は病院に搬送され、容体は「かなり危険な状態」だと伝えている。

クリニックの公式サイトによると、火災が起きた金曜日午前10時ごろは、うつ病などで休職した人の職場復帰を支援する「リワークプログラム」を実施している。

クリニックは利用する人でいつも混雑していたとみられ、毎日新聞によると、「リワークプログラム」には普段から20人程度が参加していたという。

カメラが撮影した現場写真

事件翌日の18日には、火災現場となったビルの前に多くの花が手向けられ、通行人などが手を合わせた。

カメラがとらえた写真を掲載する。

騒然とするビル火災の現場周辺=12月17日午後、大阪市北区
騒然とするビル火災の現場周辺=12月17日午後、大阪市北区
時事通信社
騒然とするビル火災の現場周辺=12月17日午後、大阪市北区
騒然とするビル火災の現場周辺=12月17日午後、大阪市北区
時事通信社
ビル火災があった現場周辺に集まる消防士ら=12月17日午後、大阪市北区
ビル火災があった現場周辺に集まる消防士ら=12月17日午後、大阪市北区
時事通信社
通行する人々で混雑するビル火災の現場付近
通行する人々で混雑するビル火災の現場付近
時事通信社
ビル火災の現場を調べる消防関係者ら
ビル火災の現場を調べる消防関係者ら
時事通信社
Carl Court via Getty Images
Kim Kyung Hoon via Reuters

火災翌日の写真

火災から一夜が明けた現場のビル
火災から一夜が明けた現場のビル
時事通信社
Kim Kyung Hoon via Reuters
Kim Kyung Hoon via Reuters
Kim Kyung Hoon via Reuters
Kim Kyung Hoon via Reuters