ライフスタイル
2019年03月07日 16時40分 JST | 更新 2019年03月11日 16時03分 JST

子育て中の性の不安と疑問に応える、「パパママ世代と考える性のはなし」イベント開催 3月15日

いつかはしなければと思いつつ、いつ話せばいいか、どう話せばいいか、そもそも何を話していいか…そんな疑問にお応えします。

Image Source via Getty Images
なかなか親子で性の話てしにくいですよね

子どもから「赤ちゃんってどうやってできるの」と聞かれてつい誤魔化してしまった。

子どもとテレビを観ていてラブシーンが出てくると何だか気まずい雰囲気になってしまう。

子育て中のパパママ、こんな経験ありませんか?

性の話題は親子だからこそ、気まずくて、恥ずかしくて、戸惑う。そんな悩みを解決したい。

ハフポスト日本版は3月15日(金)、「パパママ世代と考える性のはなし」というイベントを開きます。

メインテーマは、子どもへの「性」の話。

いつかはしなければと思いつつ、いつ話せばいいか、どう話せばいいか、そもそも何を話していいか、悩んでいるパパママも多いと思います。

イベントは、そんなパパママの「知りたい」を、性の専門家である産婦人科医や、子育て世代向け性教育サイト「命育」を立ち上げたメンバーと、一緒に考える内容となっています。

また、大人でも実はあまり知らないピルの知識や、性感染症、同意など性にまつわる疑問についてもお答えします。

【開催概要】

開催日 2019年3月15日(金) 13:30開場 《14:00開始、16:00終了予定》

主催 ハフポスト日本版

場所 東京都中央区日本橋室町1-6-13 第2井上ビル2F

定員 限定15組

参加費 1000

申し込み こちらのフォームからご入力ください。

【アクセス】

会場は、銀座線「三越前」駅A1出口より徒歩1分。JRの場合は、新日本橋駅(徒歩7分)と東京駅(徒歩10分)が最寄りです。

会場は2階にありますが、エレベーターが1基ございますので、ベビーカーも1台ずつお乗りいただけます。

【プログラム】

14:00~ 産婦人科医 宋美玄さん×遠見才希子さん

「大人でも知りたい!ほんとは性教育で聞きたかったこと」  

宋美玄さん(左)と遠見才希子さん

 ピルって産後もOK?性感染症って?ちょっと周りに聞きにくい、夫婦やカップル間の性の悩み━━これって正しいの?

パパママ世代、プレ子育て世代の20~40代、実は性教育をちゃんと受けてこなかった世代でもある。

子どもを生むために初めて産婦人科に足を踏み入れた、なんて人もいるかも。

大人になればなるほど聞きにくい、性の疑問や悩みについて「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」シリーズの著者である宋美玄さんと、学生への性教育に力を入れる遠見才希子さんが対談形式で解説します。

15:00~ 子育て世代向け性教育サイト「命育」ってなに?子どもへの性を考える座談会

 3歳児に「おっぱい触る~」と言われたらなんて答えればいいかな。保育園でうちの子がお友達にキスして回る……子育て中の性教育のチャンスはいつから?子どもに聞かれたらどうしよう、という身近な“?”を参加者と一緒に考えます。

今年2月、子育て中の性の悩みや、親が教えられる性の知識をつめこんだサイト「命育」を立ち上げたPROJECT代表の宮原由紀さんとwebデザイナーの長井まど香さん。大事な性の話なのに、ネットで集める知識は偏ってしまうかも。

等身大の親の悩み、そして立ち上げた経緯を交えて、産婦人科医とともに解決策をお伝えします。

【ゲストプロフィール】

産婦人科医 宋美玄さん

宋美玄さん

神戸市出身。大阪大学医学部卒業。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。

子育てと産婦人科医を両立、メディア等への積極的露出で“カリスマ産婦人科医”として様々な女性の悩み、セックスや女性の性、妊娠などに付いて女性の立場からの積極的な啓蒙活動を行っている。主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。

産婦人科医 遠見才希子さん

遠見才希子さん

神奈川県生まれ。 聖マリアンナ医科大学卒業。入学後、性教育におけるピアエデュケーションを知る。大学生だった2006年7月から、「えんみちゃん」のニックネームで性に関する講演活動を開始。

講演では自分の経験を語りながら、自分が中高生のときに必要としていた「気軽にまじめに性を語り、学ぶ場」を全国の中学校・高校などで広げている。

著書に「ひとりじゃない 自分の心とからだを大切にするって?(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。

命育プロジェクト代表 宮原由紀さん

 

宮原由紀さん

新卒でリクルートに入社後、松竹、Amazonとメディア・エンタメ業界に、営業・事業開発・PRとして10年以上携わる。現在、7歳(女)、4歳(男)、1歳(男)の3児の母。

第3子の育休中にデジタルハリウッドSTUDIO主婦・ママクラスにてWeb制作技術を学ぶ。

当時のクラスメイトと共に命育プロジェクトを発足し、独立。現在は、Siblings合同会社のCEOとして経営・Webディレクションの仕事をしながら、当プロジェクトの代表を務める。

命育webデザイナー 長井まど香さん

実装担当・10年以上SEとして勤めるが、夫の海外転勤に伴い退職。帰国後Web制作を学び、アプリ制作会社にデザイナーとして勤務。またフリーランスとしてWeb制作の仕事をしている。小学生高学年(男)の母。

【その他事項】

・会場は2階にございます。車椅子やベビーカーでご来場の際に、当日お困りの際はお近くのスタッフにお声がけください。

・当日は会場内で発生したお子さまのいかなる事故、事件、ケガなどにつきまして、主催者、会場、出演者は一切の責任を負いかねますことをあらかじめご了承ください。

・会場には駐車場のご用意はございません。公共交通機関をご利用いただくか、近隣のコインパーキングをご利用ください。

・イベントの様子を撮影させていただきます。後日、「ハフポスト日本版」上で掲載予定のイベントレポートで画像を掲載させていただくことがあります。撮影NGの方は、会場カメラマンにお声がけください。

【参加申し込み】

こちらのフォームからお申込みください。

問い合わせ先:event@huffingtonpost.jp