oyako

3密回避ができて、初心者からベテランまで楽しめるレジャー・釣り。親子での体験を通して、その魅力とマナーについて考えます。
PRESENTED BY 日本釣用品工業会
【宇佐見りんさんインタビュー】「(親の問題を)背負わなくていいということと、背負わなければ楽、ということは違うとも感じるのです」
どんな子どもでも、どんな家庭でも、不登校は起きます。子どもから「行きたくない」と言われたときの対応は、親のみならず、先生や祖父母など、子どもが周囲にいる大人たちには知ってほしいことです。
子どもたちは「塗れない」のか、「塗りたくない」のか? 発達凸凹(発達障害)を抱える親子が見つけた「抜け道」とは──。定説どおりにいかない育児の難しさと、偏りとともに生きるヒントを絵日記として発信し、共感を呼んだモンズースーさんに話を聞いた。
小学校2年生と5年生の2度にわたり不登校を経験した14歳のハルユキさん。その後、学校に行かないまま親子で会社を設立し、小学生社長に。不登校を経て、なぜ起業をしたのか?話を聞きました。
4月14日は失われた多くの命を悼み、各地で祈りが続いた。残された人は、犠牲になった家族や友人の面影を胸に、ふるさとの復興や教訓の継承を誓った。
「今のままではもうすぐネットを使い始める長女も、今後戻ってきた美咲も傷つく」
「私らは、結婚したら名字は統一するものと疑わずに婚姻届を出しました。みなさんそうだと思う。でも、今の人には合わない制度じゃないでしょうか」
親子は東京都あきる野市の80代の自営業男性に、息子を装って電話をかけ、現金をだまし取ろうとした疑いがある。
親子そろって同じポーズで恵方巻を頬張る姿を見せており、仲の良さがにじみ出た1枚となっている。