NEWS
2019年06月06日 18時36分 JST

宮崎市が同性パートナーシップをスタート「導入することで、理解を深めていきたい」

九州では福岡市、熊本市に続き3番目です

宮崎県宮崎市で、6月10日から同性パートナーシップ宣誓制度がスタートする。同市が6日に発表した。

ハフポストの調べでは、宮崎市のパートナーシップ制度の導入は全国で22番目。九州では福岡県福岡市、熊本県熊本市に続き3番目となる。

mbolina via Getty Images

■ 導入して、理解を広めていきたい

同市のウェブサイトによると、「性的少数者の方々が抱える生きづらさの解消」のために導入した。

宣誓できるのは20歳以上。どちらかもしくは双方がセクシュアルマイノリティで、同性間でも異性間でも宣誓できる。

宮崎市の担当者によると、同市はこれまで当事者団体と一緒に、LGBTQの啓発活動を進めてきた。

意見交換会で、パートナーシップ制度が欲しいという声が出たこともあったが、今回の導入は、当事者団体からの直接の要望や要請を受けたものではないという。

「市が制度を設けることで、住民の皆さんへの理解が進むのではないかと思います。啓発や協力をお願いするために導入しました」と担当者は話す。

6月10日から電話予約を開始し、17日から宣誓と宣誓書受領証の交付を開始する。

6月13日と15日には説明会を予定していて、すでに制度を利用したいという人から、問い合わせがあるという。 

時事通信社
宮崎市役所