フリージュとは?ドラクロワの名画がパリ五輪のマスコットに変身する動画がこれだ

「フランスのストーリーを創る力や見せ方は本当に上手いなあ」と感嘆する声や、2025年大阪万博のマスコットを引き合いに「ミャクミャク様との縁を感じる」という声が出ています。
パリ五輪・パラリンピックのマスコット「フリージュ」の姿。右のパラリンピック用の物は右足が義足になっている(組織委員会のプレスリリースより)
パリ五輪・パラリンピックのマスコット「フリージュ」の姿。右のパラリンピック用の物は右足が義足になっている(組織委員会のプレスリリースより)
paris2024.org

2024年にフランスの首都パリで開催されるオリンピック・パラリンピックの公式マスコット「フリージュ」が11月14日に発表された。ドラクロワの名画「民衆を導く自由」にも登場する帽子がモチーフ。動画ではこの絵で女神がかぶる帽子が変身するシーンが描かれている。

フリージュに関して、日本のSNS上では「フランスのストーリーを創る力や見せ方は本当に上手いなあ」と感嘆する声が出た。2025年大阪万博のマスコットを引き合いに「ミャクミャク様との縁を感じる」という声もあった。

■「自由と愛国心の象徴」となったフリジア帽とは?

組織委員会のプレスリリースなどによると、フランスで「自由と愛国心の象徴」として知られる赤い三角形の帽子「フリジア帽」をモチーフにしたキャラクターだ。オリンピックとパラリンピックでほぼ共通のデザインだが、パラリンピックの物は右足が義足になっている。

毎日新聞などによるとフリジア帽は、古代ローマ帝国の解放奴隷が身につけていたことで知られている。フランス革命では「サン・キュロット」と呼ばれた急進派の民衆がかぶっていた。

1830年の7月革命の際、巨匠ドラクロワは「民衆を導く自由」の絵画を描いた。フランス国旗を掲げて民衆の先頭に立っているのは、フリジア帽をかぶった自由の女神「マリアンヌ」だった。

ドラクロワの絵画「民衆を導く自由」
ドラクロワの絵画「民衆を導く自由」
DEA / G. DAGLI ORTI via Getty Images

■ドラクロワの名画がマスコットに変身する動画を投稿

パリ五輪の公式Twitterは、フリージュの紹介動画を14日に投稿した。「民衆を導く自由」の絵にズームインすると、マリアンヌの頭にあるフリジア帽に目と足などが生えてフリージュに変身するという内容だ。こんなキャプションがついている。

「オリンピックのフリージュとパラリンピックのフリージュは、常にトレーナーを着用している人々の先頭に立ちます。小さなフリジア帽がスポーツを通じて革命を起こし、2024年のパリ大会に連れていってくれるのだから申し分ありません!」