WORLD
2020年05月19日 13時40分 JST | 更新 2020年05月19日 13時49分 JST

スイカの皮を被った強盗がコンビニを襲う。警察が写真を公開して捜査

「革新的ではありますが、バカバカしくもありますね」

LOUISA POLICE DEPARTMENT

強盗用の変装としては、ちょっと変わり種だったかもしれない。  

バージニア州ルイーザの警察は5月16日、5月6日に起きたコンビニ強盗の情報を求める投稿をSNSに投稿した。

警察によると、2人組の強盗は5月6日の夜、スイカの皮を被ってコンビニエンスストア「Sheetz」を襲った。

監視カメラに、2人の人物がスイカの皮を被って入ってくる様子がうつっており、スイカの目の部分には穴が開けられていたという。

その後、警察は強盗の1人ジャスティン・ロジャーズ容疑者(20)を逮捕した、と地元のテレビ局WRICは伝えた。

ロジャース容疑者は、アルコール窃盗罪と未成年者のアルコール所持、そして窃盗の際に公共の場で顔を覆っていた容疑で取り締まりを受けているという。警察は現在、2人目の容疑者を探している

強盗が発生したコンビニの客のキャンディス・ヴェントさんは変装について、「革新的ではありますが、バカバカしくもありますね」とWRICにコメントした。

「頭にあうようスイカをくりぬくための労力を考えると、少しクレイジーだと思いますね」

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。