政治
2019年07月21日 20時01分 JST | 更新 2019年07月21日 23時05分 JST

参院選、与党の改選過半数を獲得。NHKと共同通信が報じる【UPDATE】

与党は、今回改選する124議席のうち過半数の63議席の獲得を目標に掲げていたが、目標をクリアした格好だ。

Toshiro Shimada via Getty Images
国会議事堂のイメージ画像

参院選の開票が始まった7月21日午後8時、改選124議席のうち連立与党が目標とする過半数の63議席を占めるのが確実になったと報道各社が速報を出した。出口調査の結果などをもとにNHKニュース朝日新聞デジタルが報じた。

参議院議員は任期が6年で、3年ごとに半数ずつ改選される。参議院の全議席数は、今回の選挙後は245議席となる。自民・公明両党の非改選議席が70。そのため両党で53議席を獲得すれば、参院全体の過半数である123議席を占めることできる計算だ。

自民党の二階俊博幹事長は、自民・公明の与党で今回改選する124議席のうち過半数の63議席の獲得を目標に掲げていた

【UPDATE】共同通信は21日午後9時55分、NHKニュースは同日午後10時6分に自民・公明の連立与党が、改選議席の過半数にあたる63議席を獲得したと報じた。(2019/07/21 23:03)