NEWS
2020年04月21日 11時37分 JST

「シャープのマスク」購入殺到でサーバーダウン、IoT家電まで機能不全に

シャープが開始した自社製マスク販売に購入者が殺到。販売サイトがダウンし、スマートフォンと連携する同社のIoT家電も一部機能が利用できなくなっています。

Engadget 日本版
シャープのマスク

シャープが本日(4月21日)個人向け販売を開始した自社製マスクに購入者が殺到。販売サイトがダウンしたほか、スマートフォンと連携する同社のIoT家電も一部機能が利用できなくなっています。SNSにて報告が寄せられています。

影響を受けているのは、クラウド連携や、スマートフォンから家電を操作できる「AIoT」(AIとIoTを組み合わせた造語)に対応した家電。なお、対応家電でも本体のボタンや、リモコンでの操作は問題なく行えるようです。

シャープは個人向けマスクを自社ECサイトの「COCORO MEMBERS」で販売しており、同サイトがダウンしたことで、同サイトの「COCORO ID」に紐づくシャープのAIoT家電が巻き込まれている可能性があります。

Engadget日本版編集部は現在シャープに詳細を問い合わせており、返答があり次第追記します。

2020年4月21日Engadget 日本版「「シャープのマスク」購入殺到で、同社のIoT家電がダウン」より転載