RETHINK
2021年07月28日 12時57分 JST

途中棄権は「心と体を守るため」体操選手が伝えたメンタルヘルスの大切さ【東京オリンピック】

アメリカのスーパースター、シモーン・バイルスは「私たちは単にアスリートであるわけではなく人間。時には出場しないという決断をする必要がある」と述べた。スポーツ選手たちがメンタルヘルスの重要性を語り始めています

LOIC VENANCE via Getty Images
シモーン・バイルス選手

アメリカ体操代表のシモーン・バイルス選手が、7月27日に行われた東京オリンピック・体操女子団体決勝で途中棄権した。

バイルス選手は、アメリカで「もっとも偉大な体操選手」と言われている体操のスーパースターで、2016年のリオオリンピックでは、金メダル4つと銅メダル1つを獲得している。

東京大会での活躍も期待されていたバイルス選手の途中棄権は、驚きをもって受け止められ、怪我も心配された。

しかしバイルス選手は試合後、怪我ではなく自身のメンタルヘルスを守るための棄権だったと明かした。

体と心を守る

バイルス選手は試合後「大きなプレッシャーを感じる状況だと、パニックになってしまうことがあります。私は自分のメンタルヘルスに集中し、心と体の健康を危険にさらさないようにしなければなりませんでした」と語った。

さらに「私たちは、自分の体と心を守らなければいけません」と、体だけではなく、心の健康を守る重要性を強調した。

27日の試合で、バイルス選手は跳馬の後に途中棄権し、チームドクターと会場を一旦退場した。

その後戻ったが、残りの種目はジョーダン・チャイルズ選手が代わりに出場して、バイルス選手はチームメイトを応援。アメリカチームは銀メダルを獲得した。

Tim Clayton - Corbis via Getty Images
チームメイトを応援するバイルス選手

残りの個人種目の出場については、心と体の状態を見ながら決めるという。

「体操が人生の全てではありません。オリンピックではもう少しうまくやりたいと思っていたので、今ここで起きたのはとても残念です。だけど、1日1日最善を尽くして、残りの日がどうなるか様子をみたいと思います」と、バイルス選手は述べた。

アメリカチームは試合のない28日は「メンタル休養デー」として休みをとるという。

メンタルヘルスの問題をオープンに語るアスリートたち

バイルス選手は27日のInstagram投稿でも「世界が肩にのしかかってくるような重みを感じています。プレッシャーを払いのけるのが難しい時もある」とオリンピックで重圧を感じていることをつづっていた。

オリンピックのような大舞台でプレッシャーを感じる選手は少なくない。

27日に3回戦で敗退したテニスの大坂なおみ選手も、試合後に「初のオリンピックで大きなプレッシャーを感じていた」と語っている

また、大坂選手は5月に、メンタルヘルスを守るために、テニスの全仏オープンを棄権した。その時に、うつ状態を抱えてきたことも公表した。

バイルス選手は「メンタルヘルスはスポーツの世界で広くみられる問題」であり「私たちは単にアスリートであるわけではなく、人間です。時には出場しないという決断をする必要がある」と述べた

さらに「メンタルヘルスの問題で声をあげている選手がいることで勇気付けられている」とも明かしている。

バイルス選手は7月29日に女子個人総合決勝、8月1日から3日までは跳馬、平行棒、ゆか、平均台などの種目に出場する予定になっている。

アメリカ体操連盟は今後の試合出場は毎日健康診断を受けて決めるとしている。

ハフポストUS版の記事を翻訳・加筆しました。