NEWS
2019年04月08日 09時40分 JST | 更新 2019年04月08日 09時56分 JST

小田急線全線ストップで通勤の足を直撃 運転再開もダイヤ乱れ 千代田線や都営新宿線にも遅れ

振替輸送先では混雑の影響でさらに遅延が起き、都心につながる多くの電車で大混雑となった

時事通信社
小田急線

4月8日午前7時16分、小田急線が保安装置点検のため、全線でストップしたと発表した。通勤ラッシュの時間帯に、都心への足を直撃したことで、各駅では大混雑となった。 

 午前8時45分ごろ、全線で運転を再開したものの、ダイヤの大幅な乱れが起きている。

また、連絡する東京メトロ千代田線との相互直通運転も中止した。小田急線のロマンスカーについても、運転を見合わせた。

他社線への振替輸送を実施しているが、振替先のJR中央線でも午前8時20分ごろ、国分寺駅で救護のため快速電車で遅延が起きていると発表。大久保駅でも救護があり、中央・総武線ともに上下線で遅れが出ている。

このほか、振替輸送で使われた京王線内で混雑が発生した影響で、都営浅草線や新宿線にも遅れが発生。

遅延証明は?駅でもらい忘れてしまった…

小田急線の遅延証明はこちらから。4月8日の始発から午前10時までの分はインターネットから印刷できる。 また、JRはこちらから一覧にアクセスできる。