NEWS
2019年04月17日 11時56分 JST

クイーンの来日公演が決定 映画『ボヘミアン・ラプソディ』の成功でツアーを開催

「日本はクイーンにとって、いつでも特別な国」とロジャー・テイラーは愛を伝えた

昨年公開された映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットを受け、『クイーン+アダム・ランバート』が2020年1月に来日公演を行うことが決まった。ロックフェス、国内外アーティストのライヴを企画制作するクリエイティブマンの公式サイトが17日発表した

クリエイティブマン公式サイトより
2020年1月に来日公演を行うアダムランバートとロジャー・テイラー、ブライアン・メイ(左から)

公式サイトによると、来日公演は2020年1月25日・26日にさいたまスーパーアリーナ、1月28日に京セラドーム大阪、1月30日ナゴヤドームで開催される。

朝日新聞デジタルによると、来日公演は2016年以来。映画『ボヘミアン・ラプソディ』の日本での興行収入は、昨年11月9日の公開から4月11日までに128億5651万円を記録し、イギリスの興行収入をしのぐヒットとなった。

来日メンバーのコメントは、以下の通り。

アダム・ランバート 

「前回の来日以来、早くまた日本に行きたい!と切望するくらい日本にはたくさんの良い思い出があるんだ。1月には全く新しいステージをみんなに観てもらいに戻るからね!」

ロジャー・テイラー 

「日本はクイーンにとって、いつでも特別な国。その日本にまた戻り、最新のツアーが出来るのが待ち遠しいです。」

ブライアン・メイ 

「日本とクイーンの繋がりは、ある意味 伝説とも言えます。時が経つほどその想いは強くなっている上に、映画 『ボヘミアン・ラプソディ』の日本での成功は、類をみない強い結びつきを私たちに感じさせます。今から約50年前、最初に私たちを認めてくれた国 日本に、2020年1月にまた戻れることはとても感慨深いです。スバラシイデス!」