eiga

『ミラベルと魔法だらけの家』は記念すべき60作品目となるディズニーの長編アニメーション。そのヒロインの物語は、圧倒的に“仲間はずれ”な立場から始まる。でもだからこそ、惹きつけられるものがある【考察】
加工された現実は「エモい物語」として消費され、直ぐに忘れられていく。画面越しの世界に逃避できる時代、誰もが孤独だと認めた時に初めて、僕らはひとつの世界へと還って来れるのかもしれない。
オンライン劇場THEATRE for ALLが、「まるっとみんなで映画祭」を開催。 大人も子どもも、障害のある人も、言葉がわからない人も、一緒に楽しめる鑑賞体験は実現する?
PRESENTED BY THEATRE for ALL
原作の「おばけずかん」シリーズは、「大人が知らないベストセラー」として知られ、全国の小学校の図書室で人気でなかなか借りられないという。
『ハリー・ポッター』シリーズの映画化第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』公開から20年。ハリー、ハーマイオニー、ロン、マルフォイを演じた俳優の現在は?
映画『梅切らぬバカ』が公開された。塚地武雅さん演じる“忠さん”には自閉症がある。当事者、演者のさまざまな意見を取り入れながら製作したプロセスについて、塚地さん、和島香太郎監督に話を聞きました。
ニューヨーク公共図書館に続いて、ワイズマン監督がカメラを向けたのは「市役所」。初の女性、非白人の市長が誕生したばかりの米マサチューセッツ州ボストンの市庁舎だ。そこには行政とは何か? が詳細に映し出される。
9.11の首謀者の1人として拘束された、ある男性の手記をもとにした映画『モーリタニアン 黒塗りの記録』。アメリカ政府の検閲によって多くの部分が黒塗りにされたその手記の著者であり、映画のモデルとなったモハメドゥ・ウルド・スラヒ氏に話を聞くことができた。
「女性が好きなものは劣っているとみなされることは、うんざりするほどよくある」。映画『ビルド・ア・ガール』の原作者キャトリン・モランが、盛り上がるイギリス音楽シーンの中で感じていた、性差別の数々。
「ムーミン」の生みの親であり、フィンランドが誇る芸術家トーベ・ヤンソンの半生を描いた映画『トーベ』が公開中だ。実は、ムーミン以前の彼女が何を描き、誰を愛し、どのように芸術の道を切り拓いてきたかは、あまり知られていない。
医療制度や国家権力の腐敗を追ったルーマニアのドキュメンタリー映画「コレクティブ 国家の噓」。アレクサンダー・ナナウ監督が単独インタビューに応じた。
日本での映画公開から20年にあたる2021年12月1日に発売される。価格は5万9800円(税込)。
【加藤藍子のコレを推したい、第12回】『映画 太陽の子』。戦禍を生きた3人の「生」が眩しく輝くほどに、それを脅かす戦争の醜さが際立って迫ってくる。
加賀まりこ主演、塚地武雅と親子役で初共演した映画『梅切らぬバカ』の予告編が解禁された。
スタッフ情報も公開。キャラクターデザイン・作画監督を江原康之氏、音響監修を鶴岡陽太氏らが務める。
再びGACKT・二階堂ふみのW主演で続編映画の製作決定。原作者の魔夜峰央さんのコメントが話題になっています。
アマプラ(Amazonプライム・ビデオ)で配信中のドラマや映画など、おすすめ作品を厳選して紹介します。
ネットフリックスで配信中の韓国ドラマや、海外ドラマファンの間で話題の作品など、厳選して紹介します。
映画やドラマ、舞台、音楽など多岐にわたって活躍した三浦春馬さんの映像や、授賞式の様子、未公開の写真などが公開されている。
東野圭吾さんの小説「探偵ガリレオ」映画化第3弾となる『沈黙のパレード』の公開は、2022年を予定している。