WORLD
2019年08月30日 11時18分 JST | 更新 2019年08月30日 15時02分 JST

「世界一安全な都市」は東京、3位に大阪。英紙エコノミストが発表【ランキング】

15年版、17版に引き続き、東京が総合1位に輝いた。

pigphoto via Getty Images
Cityscapes Tokyo, Japan skyline with the Tokyo Tower

英紙「エコノミスト」が発表している世界各国の都市の安全性ランキングで、東京が1位に輝いた。2位はシンガポールで、3位には大阪が入った。

このランキングと報告書は、NECの協賛の下、エコノミストの企業事業部門が作成している。2015年から2年おきに発表し、15年と17年に続いて東京が1位となった。

今回は世界60都市を対象に、サイバーセキュリティ、医療・健康環境の安全性、インフラの安全性、個人の安全性の4カテゴリーを調査、分析している。

東京は「サイバーセキュリティ」が1位、「医療、健康環境」が2位、「インフラの安全性」4位、「個人の安全性」4位だった。

各項目の調査は次の通り。

サイバーセキュリティは、住民がプライバシー侵害やなりすまし詐欺の不安を感じることなく、インターネットなどを利用できる環境にあるかを評価している。 「サイバー脅威への住民の意識」や「サイバーセキュリティ専門チームの有無」、「パソコンのウィルス感染率」などを基に指数を算出した。

医療・健康環境は、環境政策やヘルスケアサービスへのアクセス・質といった観点から評価した。「環境政策」「質の高いヘルスケアサービスへのアクセス」「大気や水の質」「平均寿命」「乳幼児死亡率」などを指標としている。

インフラの安全性は、「交通機関の安全対策」や「交通事故での死者数」「インフラに対するテロ攻撃の発生件数」を基に、インフラの物理的な環境や、災害・テロ攻撃に対する脆弱性を評価した。

個人の安全性では、犯罪などの人為的脅威と自然災害の発生リスクを評価。犯罪の発生率や防犯対策、災害監視体制などを指標とした。

総合ランキングトップ10は以下の通り。

1:東京 92.0

2:シンガポール 91.5

3:大阪 90.9

4:アムステルダム 88.0

5:シドニー 87.9

6:トロント 87.8

7:ワシントンDC 87.6

8:コペンハーゲン 87.4

8:ソウル 87.4

10:メルボルン 87.3