ビジネスが作る未来
2019年10月04日 12時06分 JST

メルカリ、セブンイレブンで梱包資材の販売開始。アプリ利用者の“出品未経験”の600人の声がヒントに

メルカリが調査した、アプリ利用者が「出品しない理由」は何だったのだろうか?

株式会社メルカリは10月3日、全国のセブンイレブンの店舗でフリマアプリ『メルカリ』で売れた商品を梱包するオリジナル資材の発売が始まると発表した

株式会社mercari
メルカリがセブンイレブンで販売する梱包資材4点

セブンイレブンで販売される梱包材は4点で、それぞれの価格は以下の通り。

ビニール袋(5枚)              140円

クッション封筒(2枚)      130円

宅急便コンパクト            69円

ネコポス用段ボール           66円

なぜ梱包材をコンビニで販売?“出品未経験”の人へのアンケート調査がヒントに

なぜ梱包材をコンビニエンスストアで販売することになったのか?

メルカリの広報によれば、フリマアプリ『メルカリ』ユーザーのうち、出品未経験の600人を対象にアンケートを実施したところ、「出品しない理由」のうち、「梱包・発送作業が大変そうだから」が最も多かったことが判明。

さらに細かな理由として、「(発送方法・梱包資材入手・梱包・送料の全ての軸で)どうしたらいいかよくわからない」との回答が多く、利用客が悩まずに簡単に梱包資材を入手できるサービスに対する要望があることが分かった。

もともとセブンイレブンでは、2018年4月から『らくらくメルカリ便』の発送を受け付けていたが、利用客から「梱包資材もセブン-イレブンで購入できると便利」といった声もあったという。

メルカリの梱包資材は、一部地域を除く全国の店舗で販売される予定。