LIFE

実家に里帰りで産後うつになる!? 実母にかけがえのない応援団になってもらう方法とは?

娘・孫を想う母の言葉が、育児を難しくすることもある。
イメージ写真
イメージ写真

株式会社コンビが運営するCombiTownのデータ(※)によると、第一子の出産において、 「里帰り出産をした」 、もしくは 「産後里帰りをした」 という人は全体の65%にのぼります。そのうち、 「自分の実家に里帰りした」 という人は98%で、里帰りを希望したほぼ全員が自分の実家に里帰りをするという結果でした。

里帰り出産は、気心のしれた実父母が、出産を迎える娘を身体的にも精神的にも支えること。日本では古くからおこなわれている慣習で、江戸時代のころから始まっていたといわれています。その際、里帰りを受け入れる親の役割は、出産という大仕事を成し遂げた娘の心身を休ませ、育児をスムーズにスタートさせる手助けをすることです。データが示す通り、里帰り出産をする人がこれだけ多いということは、産後における “身近な人” は夫以上に実母である可能性が高いです。

しかし、一度親元を離れると、一緒に暮らしていた頃のようにはいかないことが多々あります。

少々残酷な言い方かもしれませんが、 「実母だからなんでも分かり合える」 とは考えないほうが無難です。なぜなら、出産という家族にとっての一大イベントを経ることで母と娘という親子関係が大きく変化するからです。実母は 「祖母」 に、娘は 「母親」になり、特に新米ママは産後すぐに新しい役割を受け入れ、慣れない育児が始まります。どんなに仲の良い母娘でさえも、里帰り中に衝突してしまうことがあります。これは、誰にでも起こりうる自然なこと。

とはいえ、衝突が大きすぎれば疎遠のきっかけにもつながり、かけがえのない育児の応援団を失ってしまうこともあります。

今回のコラムでは、助産師である私から、里帰り先での母娘の関わり方や具体的な言葉がけについてお伝えします。実母をかけがえのない応援団にする方法についても綴っていきます。

まさか実母との関係がギクシャクするなんて……

イメージ写真
イメージ写真

病棟勤務の頃、入院中の新米ママのお母様からこんなことを言われたことがあります。

「最近のママは、産後うつになるんでしょ? でも娘には私がいるから大丈夫。実の親だから娘のことよくわかっているし」

一方の新米ママもこう話します。

「初めての育児が大変で赤ちゃんと二人きりの生活が苦しくなる人もいるんですね。でも、私は里帰りするし、母もいるからきっと大丈夫」

助産師は、退院してからのサポートがあるかどうか、必ず確認します。サポートがあっても母娘の仲があまりよくなければ、地域の保健師と連携をとることもありますが、この母娘のように関係が良好そうであれば特別なフォローはしません。しかし、残念なことに、この新米ママは、後日、母乳外来で 「実母と暮らすことが辛い」 と泣いていました。

実は、私も実母との関係にギクシャクした一人です。

助産師である私は知識もあるし、実母も里帰りを受け入れるのは3人目なので、私自身は産後うつとは無縁だと思っていました。しかし、実際は産後、実母の言葉に追い詰められ、産後うつ手前の状態になってしまったのです。どれだけ知識があっても身近な人の言葉で産後うつになる可能性がある…… 身をもってそう思い知りました。

<私たち、こんな言葉で傷つきました!>

新米ママたちが実母に言われて傷ついた言葉たちをご紹介します。どの言葉も本当に思いがけず心に刺さってしまったものばかりです。

「母親なんだから、頑張らなくちゃ!!」

「帝王切開だったから、そんなに身体は辛くないでしょう?」

「白湯は飲ませなくていいの? 私の時代は〇〇だったわよ。」

「この子、今お腹空いているわね。おっぱいあげた方がいいんじゃない?」

「おっぱい、あげ過ぎなんじゃない?」

「お菓子なんて食べてないで、もっと母乳にいいものを食べなさい。」

「そんなに泣かして…… かわいそうでしょ!」

「そうじゃないわよ! だめ!!」

私、書いていて辛いです。

毎日、こんなことを言われたら誰だって自信をなくしちゃいますよね。もしかしたら、「えっ? こんなことで?」と思う方もいるかもしれませんが、産後のママはそれくらい気が張ったり、追い詰められたりしているのです。

母娘のバトル勃発!! でも、本当はお互い想い合っている

産後の新米ママは “手負いの獣” とたとえられるように、身体的精神的にボロボロで追い詰められている状態です。そんな中で育児が始まり、慣れない日々の疲労や産後のホルモン変化も加わって、普段なら気にならない言葉にイラっとして、反発したくなってしまいます。

実母は、基本的に自分自身の子育て経験をベースに娘をサポートします。昔と今では子育て事情が異なる部分も多いのですが、あくまで経験値から娘にアドバイスするので、病院の指導と違うことが多々あります。ママの不慣れな手つきを見て、助けてあげたい気持ちから「こうするのよ!」と、口や手が先に出てしまうこともあるはずです。

そんな実母の行動で、新米ママは混乱し「押し付けがましいな」、「辛いな」と感じることがあります。他にも、実母の「私はおっぱい出たんだけどねぇ……」や、「向こうの赤ちゃんは大人しいわねぇ」といったような他人と比較するような言動が新米ママを追い詰めることもあります。

ストレスが増加する原因は、こうした言葉がけ以外にも、お互いの生活スタイルの違いも影響しています。たとえば、起床時間が異なることによる睡眠不足や、洋食が食べたいのに和食ばかりで食べたいものを食べられないというようなことがあります。

その結果、「お母さんいちいちうるさいんだよ! 口出さないで!(怒)」あるいは「私、もうママをやっていく自信、ない(涙)」なんてことになったりするのです……

私自身は、実母の「自信持ちなさい! 助産師でしょ!」という言葉に最も傷つきました。「実母が自分のために一生懸命お世話をしてくれているのに、辛いなんて言えない……」、「私が我慢すればいいんじゃないかな……」と思い始めると、心の中では辛い! と感じていても、それを実母に伝わるように言葉にできず苦しみました。常にいっぱいいっぱいな手負いの獣。当時の私の頭では考える余裕すらなかったのです。

娘は、実母のことをとても頼りにしています。そのため、実母が何気なく言ったことに、すごく傷ついてしまいます。でも、その言葉の根っこには、我が娘・孫のためにできるだけのことをしてあげたいという、実母の深い愛があるのです。私の母も、「もっと娘に自信を持たせたい。孫のためにも、自信に満ちたママにしてあげたい」という願いを込めて叱咤激励してくれていたようです。

産後に大切なのは、少しずつ自信をつけていくこと

泣き止まない赤ちゃんがいます。あなたは次のどちらの声掛けをされたら、自信がつきますか?

「泣き止まないわね。大丈夫なの? 可哀想だわ」

「赤ちゃん、しっかり泣けるようになったね。あなたが頑張って育てているから、こんなに大きな声で泣けるようになったんだね。」

この2つの言葉はどちらも愛があると思います。

実母と新米ママである娘。それぞれに大切なことが2つあります。

まず、実母ですが、

1.娘に八つ当たりされても、言い返す言葉をぐっっと飲み込んで受け止める
2.娘が自信を失うことなく、赤ちゃんに愛情を注ぐことができるような言葉をかけてあげる

娘は、

1.母体を休めて穏やかな気持ちで赤ちゃんと向き合う
2.ママになった自分に少しずつ自信をつけていく

もしも実母の言葉に傷ついた時は、我慢せずに「お母さん、私を大事に思ってくれているのは、わかっているよ。お母さんありがとう。でも、私は話を聞いてほしい、認めてほしい、頑張っているねって言ってほしいの」と、伝えるとともに、自分の素直な気持ちも伝えてみましょう。

これ以外にも、赤ちゃんのお世話はママの仕事、ママのお世話は実母の仕事と割り切ること、お互いが快適過ごすためのルールをあらかじめ話し合っておくこと(たとえば、食事の時間、メニューの内容、起きる時間や寝る時間など)が大切です。

実母はかけがえのない応援団

Three generation of Taiwanese family members having breakfast at home in the dining room, together
Three generation of Taiwanese family members having breakfast at home in the dining room, together

最後に知人のエピソードを紹介させてください。

私も産後の1ヶ月くらいは、とにかく責任感でいっぱいで、赤ちゃんをかわいいと思う感覚がなかったし、産前の準備不足で乳首が吸い付きにくい形で母乳を飲んでくれず、しょっちゅうメソメソ泣いていました。
私の場合は、母が、「うちに溜め込まないで、ドンドン泣いて吐き出しちゃいなさい」「38のおばさんになっても、お母さんにはあなたが一番かわいくて大事だよ」と何度も抱きしめてくれてほっとして、それで乗り越えられたなぁと思います。きっと感じ方は人それぞれだと思いますが、完璧を求めずに、がんばっている母親を優しく見守ってくれる目が必要なんでしょうね。
産前と産後で感じ方が変わるというのは、まさにその通りですね。産前は、平気で聞き流していたことが妙に気になっちゃったり。どのお母さんも、いくつになっても子どもを大事に思っていて、その気持ちの表現の仕方が、産後の辛いときにしっくりくるかどうか、なのかもしれないですね。

母娘、お互いが産後の状況を理解していることで、里帰り中の産後うつの発症の回避につながります。

そうはわかっていても、実母の言葉が時に胸に刺さることもあると思います。苦しくて、途中で逃げ出したくなるかもしれません。そんな時には思い出してください。娘が母になったことを嬉しく思う気持ち。可愛い孫を見て、遠い昔の我が子の誕生を懐かしく思う気持ち。いくつになっても、自分の子ども(娘)を大事に思う気持ち。あなたのかけがえのない応援団である実母には、さまざまな愛があるということを。

赤ちゃんが生まれてくるまでの時間が、そんな実母と母娘だけの関係でいられる最後の時間です。産後について話し合いながら、「お母さんは、どんなお産だった?」「私が生まれた時、どう思った?」「産後はどんな風に過ごしたの?」など、母娘で気兼ねなく話せる関係性を築いてくださいね。

助産師の産後のケア現場レポ

伊藤 麻衣子

助産師兼受胎調節実地指導員

産後うつで患者を亡くした経験から産前教育の必要性を強く感じ、産後うつを減らすために活動中。ブログ『新米ママ(姉)と助産師(妹)GOGO育児』http://ameblo.jp/go-go-ikujiでの情報発信や『世界のママが集まるオンラインカフェ(https://peraichi.com/landing_pages/view/sekamamacafehp)
で0歳児のママのおしゃべり会(埼玉県の小川町店)を開催している。プライベートでは2回の流産を経て、出産。6ヶ月になる息子の育児に奮闘中。東京お台場から埼玉県の小川町に引っ越し、ゆったりとした町の時間を家族3人で楽しんでいます。

伊藤 麻衣子の全ての記事を見る

(この記事は2019年9月24日LAXIC掲載記事『実家に里帰りで産後うつになる!? 実母にかけがえのない応援団になってもらう方法とは?』より転載しました)