アートとカルチャー
2019年12月13日 18時44分 JST

デイジー・リドリー、『スター・ウォーズ』の魅力は「血の繋がった家族じゃなくても愛する人と家族を作っていくところ」【会見ルポ】

『スカイウォーカーの夜明け』で「秘密は全て明かされる」と断言。さらに、「自分の人生と『スター・ウォーズ』は、もう決して分けて考えることができないくらいに大きな存在」と語った。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が12月20日に公開となるのを前に、主演キャストらが来日し、12日に記者会見が開かれた。

エピソード7にあたる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』から主人公のレイ役を演じる女優のデイジー・リドリーさんが作品について語った。

HARUKA OGASAWARA
12月20日(金)全国公開『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の公開を前に行われた主要キャストによるレッドカーペットイベントに出席した女優のデイジー・リドリー

1977年に『スター・ウォーズ/新たなる希望』が公開されて以来、約42年の年月をかけて紡いできた物語がついに完結する最新作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』。

デイジーさんは、2015年公開の「フォースの覚醒」から物語に携わってきた。

『スター・ウォーズ』は“エピソードシリーズ”としては今作で完結するが、新たに全く別の物語の制作は、すでに決まっている。

だが、デイジーさん自身は、スター・ウォーズに関わることは今作が最後になるだろうと明かしている。

「自分の人生と『スター・ウォーズ』は、もう決して分けて考えることはできない」

記者会見の冒頭、映画公開前の今の心境について問われると、「終わってしまうということにちょっとした寂しさはあるけれど、楽しみにしてくれている皆さんと作品をついに分かち合えることに胸が高まっています」と語った。

続いて、「スター・ウォーズ」の3部作に主人公として参加することが決まった時の気持ちを改めて聞かれると、こう振り返った。

女優という(誰かに必要とされることで成立する)仕事をしていますから、まずは“雇用”の面ですよね。

 

「フォースの覚醒」から3部作に携わることが決まった結果、その期間は仕事があるわけですから。

 

まずは、それが素直に嬉しかった。

 

そしてもちろん、私も「スター・ウォーズ」の一人のファンでしたから、その物語に関わることができたのは本当に大きな喜びでした。

来日会見という、いわば宣伝の場で“雇用”についての話を彼女自ら語り出したことには、筆者は正直驚いた。

だが考えてみれば、「フォースの覚醒」でスターウォーズの物語の仲間入りを果たすまで、彼女には“代表作”と呼べるような作品は確かになかった。

その意味で、まさにスター・ウォーズという物語に“継続雇用”されたことが、彼女の女優人生を変える、大きな分岐点だったと言えるのかもしれない。

HARUKA OGASAWARA
映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が12月20日に公開となるのを前に、主演キャストが来日し記者会見が開かれた。登壇したレイ役の女優デイジー・リドリー

「スター・ウォーズは自分にとってどんな存在か」という質問に対しては、しばらく考えた後、このように語った。

自分の人生と『スター・ウォーズ』は、もう決して分けて考えることができないくらいに大きな存在です。

 

制作陣をはじめ、スタッフ皆が本当に家族のような環境を作ってくれて、だからこそ撮影においても様々な挑戦をすることができました。

スター・ウォーズの作品の魅力については、近年ディズニーをはじめ、描かれ方が変化している「多様性」や「家族のあり方」に言及した。

私自身は『スター・ウォーズ』の物語は、血で繋がった家族以外の人でも、人を愛し、その愛する人と家族を作っていくという点がとても美しいと思ってます。

HARUKA OGASAWARA
12月20日(金)全国公開『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の公開を前に行われた主要キャストによるレッドカーペットイベントに出席した女優のデイジー・リドリー。ファンからの声援に笑顔で応えた

「秘密は全て明かされる」デイジーが断言。会場どよめく

記者会見の最後、ファンが最も気になっていることの1つである、レイの出自についての質問が飛んだ。

「全て明かされるのか?」と問われると、デイジーは「明かされます!」と即答。

続けて、「レイは答えを求めている。彼女は前に進むために、今まで失ったものが何か、事実を知ること通して模索していく。そしてそれは今作で明かされる」と謎が明らかになることを予告していた。