はじめてのSDGS
2020年01月29日 14時19分 JST | 更新 2020年01月29日 19時45分 JST

コアラ型せっけん、オーストラリア森林火災で犠牲になった動物のためにLUSHが販売。売り上げは全額寄付

オーストラリアでは大規模な森林火災が相次いでおり、これまで10億以上の動物たちが犠牲になっているといわれている。

ラッシュジャパン
限定チャリティ・ソープの『オール ザ ワイルド シングス ソープ』

イギリスの化粧品ブランドLUSHが、1月29日からオーストラリア森林火災での被害援助のため、コアラ型の限定チャリティ・ソープの発売を開始した。

オーストラリアでは2019年ごろから大規模な森林火災が相次いでおり、深刻な被害が出ている。森林に生息する動物たちも大きな被害を受けており、これまで10億以上の動物たちが犠牲になっているといわれている。

この被害を受けて、様々な企業著名人などが寄付を発表するなど、支援の輪も広がっている。

LUSHは、「何らかの支援をしたい」と希望する社員やカスタマーの声を形にすべく、限定チャリティー・ソープ『オール ザ ワイルド シングス ソープ』(税込890円)の発売をスタート。日本を含む、世界各地の店舗とオンラインショップで購入できる。

限定ソープは緑色のコアラ型で、ユーカリオイルとレモングラスを配合した爽やかな香りの石鹸となっている。 

売り上げは、消費税を除いて全額、オーストラリア森林火災で被害を受けた野生動物の救援や、生息地の回復に取り組む動物救援団体に寄付される。

【UPDATE】2020/1/29/19:45

LUSHによると、コアラ型のチャリティ・ソープ 『オール ザ ワイルド シングス ソープ』は、販売初日(1月29日)でオンラインショップでは既に完売、多くの店舗でもほぼ完売したという。