新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年02月29日 18時45分 JST | 更新 2020年02月29日 19時36分 JST

安倍首相、保護者への休業補償制度の創設を表明「正規、非正規を問わずしっかり手当」【新型コロナウイルス】

記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大への対応を説明した。

KAZUHIRO NOGI via Getty Images
2月29日、記者会見する安倍晋三首相

安倍晋三首相は2月29日、記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大への対応を説明した。

安倍首相は冒頭、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるために要請した臨時休校措置の影響で休業し、所得が減少した保護者に対する助成制度を創設すると表明。

「保護者みなさまの休職に伴う所得の減少にも新しい助成金制度を創設することで、正規、非正規を問わず、しっかりと手当てしていきます。2700億円を超える今年度予備費を活用し、第2弾となる緊急対応策を、今後10日程度のうちに速やかにとりまとめます」と述べた。

感染したかを判断するPCR検査については「したくても保健所で断られ、やってもらえないというご指摘をもらっている」と明かした上で、「現時点で、1日4000件を超える検査能力がある」と説明。

必要な検査が実施されるよう、検査能力の拡大や国が仲介する意向を示した。

そのために「2、3時間かかっているウイルス検出の作業を15分程度に短縮できる新しい簡易検査機器の開発を進めている」と明かし、3月中の利用開始を目指すと述べた。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、政府は2月25日に対策本部を開いて基本方針を決定

政府はその後、コンサートなどの大規模イベントについて今後2週間、中止や延期、規模縮小などの形で自粛するよう要請。 さらに、3月2日から全国の小中高などを臨時休校するよう求めていた