新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年04月01日 10時27分 JST | 更新 2020年04月01日 14時53分 JST

安倍首相、布マスク姿で答弁 「3密」避けるため国会にも変化

新型コロナウイルス対策のため、国会でもマスク姿が増えはじめました。

時事通信社
参院決算委員会で答弁する安倍晋三首相(中央)
参議院インターネット審議中継より
マスクを着用して答弁する安倍晋三首相

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、政府は「密閉、密集、密接」の「3密」を避けるよう呼びかけている。4月1日の参院決算委員会で、安倍晋三首相はマスクを着用して答弁した。

「3密」にあてはまる国会、記者会見場...

政府は、集団感染が起きやすい「密閉、密集、密接」の3つの「密」を避けるように呼びかけているが、国会審議や会議、記者会見場などは、「3密」の空間になりがちだ。

時事ドットコムニュースによると、これまでは「国民の不安をあおりかねない」とマスク着用を控えてきたが、3月31日から首相や閣僚のマスク着用を解禁。

同日に首相官邸で開かれた経済財政諮問会議では、マスクを着用して会議で発言する安倍首相の姿が見られた。

時事通信社
経済財政諮問会議でマスクを着用して発言する安倍晋三首相(右)。中央は西村康稔経済財政担当相=3月31日、首相官邸
時事通信社
菅義偉官房長官(右手前から2人目)もマスク姿で会議に出席。

国会でもマスク 安倍首相は布製?

4月1日は、安倍首相や麻生太郎財務大臣をはじめ、多くの議員がマスク姿で国会審議に参加した。

安倍首相は、布製とみられるマスクを着用。3月28日の首相会見では、品不足が続いているマスクについて、高齢者施設や学校に布製マスクを配る方針を語っていた。

参議院インターネット審議中継より
マスクを着用して答弁する安倍首相
参議院インターネット審議中継より
質問する自民党の西田昌司氏。背後にはマスク姿の議員が目立つ。

 記者会見でも「距離をとって」

また、記者会見場などでも、人と人との間隔をあける「ソーシャルディスタンス」を保つ工夫が徐々に取り入れられている。

防衛省では「3密」を避けるため、従来の会見室とは別の部屋で会見を開くようになった。出席者の間隔は空けられ、河野防衛大臣はマスクを着用して会見に臨んだという

新型コロナウイルスのニュースを報じる報道の場でも対策が講じられ、報道番組などでは、キャスターやコメンテーターが間隔を開けて座るなどの取り組みが始まっている。